アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

一夜明けてMステに出る岡村ちゃんのこと、まだ考えている

朝起きてまず、昨日のことは夢ではなかったのだろうかと思った。
ツイッターを見て、自分のブログを読んで、あぁほんとなんだな、と思った。

それにしても昨日の私のブログの文章、へたくそか!(笑)
代官山で僕と握手以下の度を越した下手っぷり。
もんのすごい数の人にお読みいただいたようで、嬉し恥ずかし。
また精進しますんで。

岡村靖幸コンサートツアー「レッド」に昨日ゲスト出演してくれたDAOKO嬢が
アップしてくれたお写真がこちら。

f:id:sakurakanade:20171109075544j:image
赤い。
赤いな、靖幸。
こうして見ると、割と普通のおじさんだというのに、何なのかしら、この人は。ここまで私を泣かすとは、としみじみと眺めてしまった、朝っぱらから。

私は30年前にファンになった時から、ずっとこう思っていた。
「時代がなかなか岡村に追いついてこない」と。
ファンなら誰しも思うのかな。でも岡村に関しては、こと顕著にこの感情が強かった。
私の中で光明が差した時がある。
椎名林檎嬢がナースの格好をして、世間様に受け入れられたあの時だ。
「これがイケるのなら、もうイケるはず!」
私の読みが外れたのか、まあモロモロモロモロあったからなのか、幸運の歌の女神はなかなか岡村の目の前には降りてこなかった。いや、違うな、女神は確かに何度も降りてきてくれている。だから、こうして今がある。
私は悔しいからずっと、「時代、おせーよ」と思っていた。性懲りもなく。

長かったと思う。
スマスマに出た時は驚天動地だったし、久保みねヒャダに出た時も、あぁ、地上波に出れるんだな、と思った。
しかし、やっぱり歌番組に出て欲しかった、心の底から。
だって、シンガーソングライターなんですもの。そしてダンサーでもあるんですもの。
ミュージックステーションという番組は、やはり今現在「売れている最中」もしくは話題の歌手が出る番組。出て欲しかった。
タモリ倶楽部空耳アワードやThe Coversも私は熱望している。
しかしそれは後でよい。

報われた感が強いな。
やっと、ほんとにやっと報われたんだと思う、ファンも岡村ちゃんも。
ここからはもう岡村ちゃんが持っているその音楽的才能が自分で自分を助けてくれることになるだろう。
今まで、なんだろう、ちょっとしたことの数々、安齋肇さんが空耳でよく岡村Tシャツを着てくれるとか、そういうちょっとしたことの数々の先にあったものなんだと思う。
岡村靖幸を評価してくれたという大げさなものではなく、岡村靖幸の存在をきちんと静かに見守り続けてきてくれた、そういう一人一人の柔らかな感情がやっぱり今回のこの「ステップアップLOVE」そして「忘らんないよ」というタイアップ作品の完成に繋がり、Mステへの出演となったのだと思う。
私に光明を差してくれた椎名林檎嬢に絡んだ方々がステップアップLOVEに絡んでいるという、この生きていると面白いことあるなー、人生。

 

あ、面白いと言えば、スマスマに出た3年前と同じ日にMステに出ます。11月17日は桃の特異日として、休日認定出しますので、各自勝手に休んで下さい。

楽しみだね。
どんなに緊張しようと、カミカミになろうと、歌詞を間違えようと、私はテレビの前で大きな拍手をすると思う。
歌え!
踊れ!
そして恐る恐る遠慮がちにではなく、DAOKO嬢を抱きしめてみろ!
そしたらきっと、いい塩梅の勢いで突き倒しにきてくれるだろうから。

まずは来週の金曜日、万全の体制で岡村を待つことにしよう。
全てはそこからだ。

 

ステップアップLOVE (通常盤B)

ステップアップLOVE (通常盤B)