読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

ご愛読ありがとうございました!

さて、いよいよ明後日から春ツアーROMANCEが始まりますね。
例のセーターがまさかのグッズだったとは、心底驚きました。
あのセーターが似合うのは、この世にオカモトレイジくんただ一人だと確信しておりますので、ぜひとも販促(になるのか?)としてレイジくんが着ている姿をインスタで公開していただきたい。

今回のツアー、氣志團翔やんから驚くような呟きがありました。
セトリについて岡村ちゃんから相談を受けたというのです。
ちなみにこれがその全文。

岡村靖幸兄様と深夜の密会。「ちょっと話があって…」との事で、かなり緊張して行ったのですが、開口一番「翔さんはセットリストって、どんな風に決めてますか?」という御大の発言に絶句。
嘘でしょ?神がそんな事聞く?「もうすぐツアーなんですけど、まだ悩んでいて…」
失礼ながら、可愛過ぎて悶絶。
ファンの皆さんにとことん喜んで貰いたい一心で真剣に悩み、結果こんなヤンキーに相談してしまう岡村靖幸の意外過ぎる素朴さに胸キュン。
(因みに斉藤和義さんや野田洋次郎君にも質問したとの事。…ここに俺並んで良いの!?)
そこから多岐に渡る話に花が咲き、気がつけばこんな時間。最高の夜でした。」

これが呟かれたのが4/5。これがツアーとツアーの端境期でしたら、まあ殊勝なことで…と感心したかもしれませんが、驚くべきことにツアー開始10日前。
これを見て、たくさんのベイベの方々はきゅーんとしていらっしゃったようですが、私は手に変な汗をかきました(笑)←ほんとは笑ってない。
現在連載中のテレビブロスの対談でも、たしかにせっちゃんにセトリの相談をしていましたね。
せっちゃんに、なんか一曲目から変えようと思っているようで、大変だなぁと言われていて、その時点では「へーっ」と思ったんですけどね。

自らハードルを上げたってことでよろしいでしょうか、岡村さん。もちろん事務所のチェックも入って活字になったわけでしょうから。
確かにセトリ問題は、ファンの間でも必ずと言っていいほど毎回話題にあがります。
私自身も、これまで幾度となくセトリに関して言及してきました。
今、私の手元には、エクセルにまとめた「2011年エチケットツアー」以降のセトリ一覧があります。
それによるとオリジナル曲で歌われていない曲は、提供曲をのぞき約80曲中19曲。
過去11回のツアーを約60曲程度でまわしていたんだな、と思うといろんな意味で大変です。
しかし、後日翔やんがラジオで語った内容を漏れ聞くと、どうやらキラーチューンの入れどころも相談していたようで、そこもか!?

私はファンがライブで求めているのは「単純なる変化」だと思っていました。ここ数年ずっと。
セトリ、衣装、グッズ。相対的に何か違ったものを求めているのかな、と思っていたのです。
ここにきてセトリ問題が本人周辺から流れてきて、逆にちょっとセトリだけの問題じゃないんじゃないのかな、と思っています。ことは全然単純じゃないのかもな、と。
ライブの宣伝って、もっとしなくていいのかしら?
そういう柄じゃないのは百も承知です。
でも、なんだろ、また知る人ぞ知る、の状態に戻っていっているような気がするんですよね。
これを言うのは今日が最後なのですが、やっぱりそれじゃもったいない。チケットの販促はやりすぎくらいがちょうどいいと思うのです。ステージを観てもらわない事には、テレビに出る訳でもない、ラジオで弾き語るわけでもない、今の岡村ちゃんが伝わりにくい気がします。
TS ONEでも、もうすぐツアーですね、的な話題が出たり、GINZAやブロスでも、ツアーがはじまりますという一言お知らせは、そりゃあります。でもそれを聞いたり目にしたりするのは、すでにその情報を知っている既存のファンが大多数のような気もします。
今の岡村ちゃんに、やって無駄な仕事なんてないと思っています。
せっかく今の状態がいいんだから、一人でも多くの新規のお客さんに観てほしいなぁ、と心から思います。
逆にその姿勢は昔からのファンが、「今回観たから、またしばらく行かなくてもいい」という方向に行くことをとどめることもできるはずです。

これで私の長年の岡村ちゃんブログは終了です。
決してミヤジに夢中になっているからではなく(笑)、もう単純に岡村ちゃんについて書けなくなったということなんです。最後も小言で終わるのは私らしいかなと、とりあえず今現在思いつくことを書いてみました。
書き逃げってやつですね(笑)

上げたハードルは、自分で跳ぶか、公衆の面前で低く下げるか、跳ばずによけるかしかありません。
より高く跳んでいるところが観たいです、ずっと。

では、みなさま、よい幸を!
ご愛読ありがとうございました!