読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

春ですね♡

さて、新たに好きな人が出来た。(知らんがなですよね、そうですよね。でも言っちゃう)
人からは浮気と言われたが(笑)、岡村ちゃんは私の根幹だから、まあ許していただきたい。(誰に許しを乞うているのかわからんが。)

このたび私の心のベストテンにランクインしたのはエレカシのミヤジだ。
だいたいにして、このミヤジという呼び方をしたのは、何年ぶりだかわからない。
この30周年のお祭りで、メディアへの露出が一気に増え、久しぶりにミヤジという呼び方を思い出したというほどの、古参ファンの方から見れば舌打ちしたくなる程度の新参者だ。

この新参者っぷり。数年前にCHABOのファンになった時にも、腰を低くして暖簾をくぐる的な状況になったわけだが、2017年現在まだまだCHABOにはときめいている。
今朝もCHABOに浮気をされるという悪夢(もう設定からして無理無理無理の連発。どうやったらそんな信じられないほど畏れ多い設定になるのか、そのせいで朝の目覚めの悪いことなんの)を見て落ち込むほど、好きなのであるよ、CHABO。

岡村ちゃんは言わずもがな。
しかしこの言わずもがな、というのがなかなか人様には伝わらない。
「好きって、言葉で言わなきゃ、伝わらない!」
とお若い人が観るような甘酸っぱい映画のシーンのようなことを岡村ファンに思われているかもしれないが、私の中では高値安定。たぶん岡村さんに関しては全て棚に上げてしまっているので、白石さんの半裸をインスタに載せようが(全裸ならいろいろ憂慮の余地あり)、蒼井優ちゃんを前にデレっとしていようが、元気なら良し!と思っている。
なにせ今月末にはおDATEが控えている。何を歌うのか、どんなアレンジでくるのか楽しみでしょうがない。そしてあの、DATE前の異常な緊張感が今回ないというのも安定期に入ったのね、自分という気がする。しかし臨月になるとトチ狂う可能性もなきにしもあらずだ。その時は笑わば笑え。
なにはともあれ、岡村ちゃんにはとびきりのコンディションと、今年の大きな目標らしい「かわいらしさ」を期待している。

そしてランクインしたミヤジ。彼に関しては、今はまだとても冷静な分析はできかねる。
30年選手に、なぜ今頃、どうした私。
実際、どうした?という問いかけをいただくことが多いが、自分でも全くわからない。
恋なんでしょうね。ぽっ。
40過ぎて何言ってるの、と思う自分を蹴り上げ、毎日家に帰ると「The Covers」のエレカシ回、特に「赤いスイートピー」と「喝采」を歌いあげるミヤジを観て身悶えしている。
あれか?聖子ちゃんのカバーを歌うオトコに弱いのか、自分。

小沢健二が先日復活した時も、おっ!と思ったが、それが恋心とは別物であることに気づき、それはそれで、なーんだと思ったのだが、今回はトキメキが主成分となっている。
おかげで先日来、目の前がパァっと開けた。視力が良くなったような感じすらする。
今回の目標としては、あまり根掘り葉掘り探究せず、CDとライブ映像を愛でる、という感じで楽しめればいいなぁと思っている。わざわざ苦しい思いはしないように。同じ轍は踏むまい。
楽をしたいの、とても。

東京の桜は次々満開🌸となっている。
何かを楽しい、と思うにはとてもいい季節だ。その想いに桜色の色づけが加わるのだもの。
さて、私にとってエレカシがどんな色合いを持つのか、とても楽しみだ。
f:id:sakurakanade:20170404122530j:image

(本日の壁紙)