アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

聴いてきたのは岡村ちゃん!(ベランダ立って胸をはった状態で)

私は何を聴いて今日まで生きてきたのか?

突如として、この疑問が生まれた。きっかけはイエモンの新曲CDを買ったこと。

 

 15年9ヶ月ぶりのシングルとか、ほんとファンのみなさんの喜びを想像するだけで鳥肌が立つわ。しかもボーナストラックが12曲。全14曲なんて、アルバムより多い。やるなー、かっこいいなー。もう素直に感動している。イエモンファンの皆様、ほんとうにおめでとうございます!

 

ところで私はイエモンを通ってこなかった。シングルは知っていても歌えるほどではなく、ロビンと聞いても誰や、それ?と、てんで話にならず。我が妹が吉井さんのファンだと言うのに。

 

こういうことが多いんだ、私。歌番組などで最近は、「2000年に流行った歌を振り返りましょう」と、過去のヒットソングをちょこちょこと出してきては懐かしがらせようとされることが多々あるのだが、全然ピンとこない。

じゃあ、私、何を聴いてきた?

 

…。

 

岡村を聴いてきた、ってことですよ。しかも、このことに関してだけはベランダ立って胸をはれる。

 

他のミュージシャンの何を聴いてきたかは、すぐに「これ!」とは思い出せないくせに、自分があの日あの時、岡村の何を聴いていたかはすぐにわかる。岡村が「いる」時はもちろん、岡村が「いない」時も「どうしてくれよう、岡村!何を聴けと言うのだ、私に?」そう思いながら岡村を聴いていた。

 

これをシアワセと言わず、何と言おう。

そう、私はこれは幸福なことだと思えるようになったのです。30年を超える年月をかけ、一人のミュージシャンの作る音楽にここまでこだわることができるってことは、なかなかないと思う。だって、好きでいることって、何の保証もないんだから。好きか嫌いか、ただそれだけのことなんだから。

そしてこれからも多分こうやって岡村靖幸の音楽だけは聴き続ける。飽きっぽい私が30年続けてこれたことなんか、このくらいしかないのだから。

 

私がブログを辞めること=岡村ファンを辞める、と誤解されている部分がありまして、ちょっとこれだけは言っておかねば、と思いました。うふ。

 

さて、スマスマでのイエモンを観て、完全にエマさんのギターに魅せられた私。いったいどのアルバムから聴き始めたらいいのか右往左往しております。皆様のオススメを教えていただければ幸いです。

ね、悩むんですよ、ご新規ファンは、こうやって。新たなる岡村ちゃんファンだって、きっと悩むはず。30周年企画の「#岡村ちゃん10選」はもちろん、「#岡村ちゃんアルバム」、こちらはキャッチーな推薦文つきでの投票、みなさまよろしくお願いいたします!