読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

岡村靖幸「結婚への道」上野千鶴子編

f:id:sakurakanade:20160810194656j:image

いつも私は、岡村ちゃんに関する「結婚」は、一つのネタとして捉えている。

モテない、自分から告白できない、から始まる長年のネタでしょ、結婚は、と思っていた。

 

いつの間にかこのGINZAの連載も4年だそうだ。いつまでインタビュアーでいるのさ、岡村ちゃん。そう若干愚痴り始めた私であったが、今日発売のこちらの対談は、ちょっとビックリした。

 

今回の対談相手にまず驚いた。

上野千鶴子。今さらご紹介するまでもないが、日本のフェミニスト女性学と言えばこの人。言ってみれば、ラスボスだ。

岡村ちゃん、上野先生にむかって一体何が言えるっていうの?

 

ビクビクと読み始めた私。結論から言えば、私のこの心配は杞憂に過ぎなかったのです。まさにこの4年のベストバウト!インタビュアーなんかじゃない、きちんとした対談になっていた。いつもの質問魔の岡村ちゃんプラス自分の結婚観をしっかりと主張する岡村さんがいたわけです。上野先生の著書をしっかりと読んできたんだろうなー、ということもよくわかりました。

結婚といえば、岡村靖幸ってことでいいんじゃないか、もう!ちょっと尊敬しちゃったわ。

 

さあ、秋冬プチツアーのタイトルも「運命」に決定!なぜチケット発券前に決めておかない?と多少のイラつきはおぼえますが、まあタイトル「運命」だけでかなりの妄想ひとり遊びができましたので、良しとします。

 

結婚への道が終われば、結婚からの道があるようですし、これはもう早く岡村ちゃんの運命の人があらわれることを心から祈っております。

とにかく今回の結婚への道は読んだ方がいい。強くおすすめいたします。