アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

【完全ネタバレ】岡村靖幸「幸福」ツアーin神奈川県民ホール

f:id:sakurakanade:20160503223226j:image
悪夢のような4月が過ぎ、やっと5月に入ることができました。カレンダーとはありがたいもので、ビリリとめくれば気持ちの切り替えができる。今月は良い月になりますように!

いつもこの盛大なるDATEネタバレレポを書く際には、毎回みなさんのTLでの感想などを見て、ある程度のあたりをつけて臨むのです。
しかし、おそらく今回、私の中である一曲が今日も歌われるかどうか、それが重点課題となっておりまして、その他の曲について全く気がまわらない状態でおりました。アルバムタイトルツアーでありながら、ですよ。これほど待って待って待ち望んだタイトルツアーなのに!
しかしむしろ結果的に、不謹慎を承知で言えば、このツアーであの曲を歌うことになった岡村靖幸の持つ運の強さも強烈に感じることにもなったわけです。(うーん、この表現を少し変える。これがツアー中じゃなければいくつかのインタビューに答えるだけになったのではなかろうか。岡村ちゃんの場合は、どんな言葉よりやはり自分で歌うことこそが雄弁だと思っている。まあ、そういうこと)

さあ、感傷に浸っている私は置いておいて、張り切ってネタバレレポ、れつぎょーん⤴︎(新時代思想風味)

「できるだけ純情でいたい」
雷鳴轟く中、始まりました、この曲で。実は今日一番の感動だったかなー。あー、私、本当にアルバムタイトルツアーに来てるんだ!と思えた瞬間でした。んまあ、声は出ている、ピッチは良い、素晴らしい滑り出し。しかし、間奏部分のギターが「ギター、白石!」の岡村さんのご発声により紹介を受けた我らが元久が、あの位置のまま弾いておりビックリ!

「Can’t hide love」
そうなんです。こんなに早い段階でカバー曲お目見えです。「アース・ウィンド&ファイアー」の創設者、偉大すぎるミュージシャンモーリス・ホワイトが亡くなったのが2月。いやー、こうして追悼するミュージシャンがもう出てこないことを祈ります。大変素敵に歌い上げていらっしゃいました。

しかし、客のエンジンがかかるのはやはり「新時代思想」から!もはや、聴き慣れ感すらありますからね。一気に温度上昇です。そして、また猛烈に早口の「どぉなっちゃってんだよ」。こっちは歌いたくてしょうがない状況ですので、気持ちよく声を出させていただきました。

「カルアミルク」でまた、本日の岡村さんの体調を推し量るのですが、これまた気持ちよさそうに歌っていらっしゃいましたよ。ぺこっとかわいくお辞儀もし、靖幸ちゃんだぜー、の自己紹介も済ませ、「Punch」へ。この辺からエロ要素がちょいちょい出てまいります。
私、本日お友達からお譲りいただきました3列目。しかも、直前にお近くの方に数個センター側の席と交換していただくというラッキー続き。靖幸、来い!の私の気合いの入った顔、そして位置的に案の定私の真ん前でエロ放出された時の私の顔、どちらも誰にも見せられません。

「祈りの季節」で、ホーン!と上杉さんを呼んでおいて、しかし自分は隣でターンを決め、結果私、靖幸しか目に入らず。子供産めー!ではなく、産んでみて!と言われ、笑った私はベイベ失格。

「ぶーしゃかLOOP」は秋ツアーと同じアレンジのTOKIOが3度ほど聴こえてからのやつ。

さて、待ちに待った「揺れるお年頃」。あの子どんな顔してこの歌歌うんだろう?と胸をときめかせていましたが、始まりは笑顔。そして案外かわい子ぶらずに歌うのねー、と半ば残念に思いきや、
さすって
さすって
さすって
と、さすり強調。マイクスタンドをさすりまくり。え?エロ風味?それはそれでOK!

「ラブメッセージ」「彼氏になって優しくなって」と、最近の歌が続く喜びね。むしろ最近の歌の方が自然に馴染みつつある自分が不思議。

なんて思っていると「いじわる」キタコレ。もちろん、念を送っているわけですよ、せっかく来たからには見たい、例のモノを。私の期待どおり、マイクを股間に設置するプレイも、マイクスタンドお戯れも、目の前。念を送っておいてなんだが、なんだよ、岡村!レロレロレロ、といいますか、ペロペロペロと言いますか、すげーもの見たな、と。いや、ありがたく頂戴しておきます。

「イケナイコトカイ」に関しましては過剰なる岡村靖幸っていうのかな。ウォゥウォー部分は少しあっさりしておりましたが、その他の部分が岡村色120%。そっちに行ったか、という感じ。

「愛はおしゃれじゃない」「ビバナミダ」。この2曲を歌うあなたも私も幸せいっぱい!幸福万歳!という感じ。むしろ他のどの曲より泣ける。

元久コーナーは、靖幸への絡みはほぼなし。静岡に次いで横りん、そしてホーン隊を巻き込んでの仮装「赤レンガ倉庫」をキメ、岡村さん充分にご休憩を取られました。例の富士山扇子でパタパタと。もちろん私はその姿だけを見続けておりました。

「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」
「だいすき」
もはや円熟の流れ。あのロンのオベーションはもうメタメタかっこいいし、だいすきの華麗なターンも素敵。しかし、熟し具合が半端ない気もしないでもないなー。いや、幸せなんですけどね。

あの振りを、ぜひあの振りを!と願いましたが、さすがに往年の振りは出ずの「(E)na」。私の記憶が曖昧ですが、テレキャスを一瞬弾いたのはこの時だったか?あまりにもバッチリ目の前で弾かれたもので、瞬間気絶しそうになりました。ずっと弾いていてー!

もう昔ほどの清純を持ち合わせていない私は「ヘアー」での、君のヘアーと戯れたいぜ部分を心待ちにし、本日も素敵にお戯れなさっていたので満足。

「ステップUP」は、前回ツアーと同じアレンジ。スローバージョン。前にこのアレンジを聴いた時には、のれないぞ、靖幸!と思っていたのですが、本日、あぁ、この曲は「手を繋いで歩きたい」ってことが言いたいんだ!となんだか目からウロコ。倫社と現国学びたいことばかりに気がいっていたなー、と反省。
まるで芦田愛菜の如き「自分次第だよ!」を連発し、もちろんそれをとりゃ〜っと側転にて体現した「Super Girl」。

まあ、ここまで書いてまいりましたが、ついに待ちに待った弾き語りですよ。盛大に泣くっつうの。岡村靖幸が歌うプリンス、聴いてみたいと思い続け、ついに聴いちゃったなー、といういろんな意味での感慨深さね。ディアンジェロよりしんみり感なく歌ってました。でも、昨日今日憶えた歌じゃない、ってことが、本当に伝わってきてね。生で聴くことが出来て良かった。これで気持ちの切り替えが出来たよ、私。ありがとう、岡村ちゃん
この後のエレピでの幸福についての弾き語りですが、あなた3時間歌って踊っていらしたじゃない?なんでそんなに?っていうくらい力強い歌声でした。この時のコート丈のスーツも良くお似合いでした。

「Lion Heart」も大変しっとりと歌い上げてました。名曲!
「Out of Blue」の直前のオベーションは、涎が出るほどかっこよかった。一生聴いていたかったし、一生観ていたかった。ギター持つと色気10倍増しです。

ハンカチーフプレイも、出して拭いてしまう、が異常にテンポ良く、笑いました。デンスは少なめかなー。そのぶん歌い上げてる感じ。左右の花道ギリギリまで来て、ターンまでキメてました。メガネも義理堅く左右で外していました。そんなあなたがだいすきです!コール&レスポンスはかなり難易度低し。まだまだこっちはイケるよ、岡村ちゃん
もうガチガチの決定版セトリのような今回のツアー。映像化をかなり意識したかなー、という感想。
兎にも角にも、前にも増して溜め込んでからの投げキッスね。猛烈なやつをこれでもか、と発射してました。
アルバムタイトルツアーを観ることが出来て、長々とファンをやっていて良かった!としみじみしちゃった横浜ベイベでございました。

追記・純朗さんのこんな言葉がなんだかとても嬉しいな。あ、ヤクルトのことじゃないよ(笑)
f:id:sakurakanade:20160531181258j:image