アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

本日の「あの娘と、遅刻と、勉強と」(ネタバレあり)

f:id:sakurakanade:20160224173813j:image
私は朝からはしゃいでいる。
なぜなら、岡村ネタの中でも大好物のあのネタについて言及できるから♡

あ、以前、呼び捨ては辞めると書きましたが、努力の結果、30年オカムラと呼び続けてきたものを今さら変えるとテンポが出ない、そして岡村がこのブログを読んでいるとも思えないので独りよがり的気の使い方は辞めて、またその時その時で呼び方は変えるとしましたのでご了承下さい。

本日発売のテレビブロス岡村ちゃんの対談相手は、現在メタメタ活躍中の小山田圭吾くんでございます。
すでにインスタに登場していましたので、おっ、来ましたね!といった感じ。
f:id:sakurakanade:20160224223314j:image
 
しかし、第一回にしてあの伝説の「ジャストポップアップ」の話題が登場!それも岡村自ら言及!
このブログを読んでくれているみなさんは、ご存じのことと思いますが、念のために貼っておきますね。
誰よりも大きな手で、誰よりも早く自分に拍手を送る天才。最高。
 
 この時「どぉなっちゃってんだよ」を歌っていたことから考えるに、放送は1990もしくは91年だったのか、小山田くんたぶん21歳。初めての岡村ちゃん遭遇がこれ。
社会科見学くらいの気持ちだったテレビ出演で、これを生で観た小山田くんの衝撃たるや、ご本人は「大認識」という言葉でしたが、まあ軽い交通事故ですよね。
私はもちろんリアルタイムでこれを観ていて、一生忘れないよ、岡村!と思いました。そして、フリッパーズ・ギターの二人は、いったいどんな気持ちだったのだろうと何度も何度も想像してみていたのです。
やっとそのうちのお一人から感想が聞けて嬉しいです。(きっとオザケンからは語られることはなかろう)
 
そして、小山田くん、次の岡村ちゃんとの接触が青山ブックセンターだったそうで、その時の岡村さん、Tシャツが「コント55号」。
いいですか?青山ブックセンターで、」「偶然」「コント55号Tシャツを着た」「岡村に会う。」
ある意味岡村に関する全ての運を使ってます、小山田くん。
私も40年以上生きていますけどね、いまだかつてコント55号のTシャツなど見たことございません。岡村のTシャツコレクション、底なし。
 
岡村・それ(Tシャツ)見て「イケてるね」って言ってくれて
 
小山田・イケてるねという言い方ではなかったと思うけど
 この二人の意見の食い違いが今回の私の中の最高到達点。
朝イチでまず私はブロスを立ち読みして、買うか買わないか決めるのですがこの部分を読んで、速攻レジに行きました。
面白い!面白すぎる、そして可愛らしすぎるぞ岡村!
これほどまでに愛すべき男はいないわ、とまたまた思っちゃいました。この対談、引き続き楽しみにしましょ!