読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

岡村靖幸「幸福」を聴いて想うこと

 すごく予習していたのに、試験のヤマを大きく外した。にもかかわらず、達成感半端なし。

岡村先生から出された「幸福」という名の宿題の答えは、またしても私の想像をはるかに超えておりました。
 
まず、フラゲ日から本日まで、かなりたくさんの方がこのブログにお立ち寄りいただいておりました。申し訳ない!
我が家のCDを再生できると思われる機器全てが壊れる、または絶不調状態であったため、オットのパソコン頼みだったのです、CDに関しまして。
えぇ、これほどまでにアルバムアルバムと、恐らく岡村本人もこれを読んだら舌打ちだ、と自覚があるくらいアルバムを求めていた私が、非常に遅れを取って全曲を聴いたわけです。
 
遅れを取っている間、鈴木おさむさんのラジオ「よんぱち」がありました。アルバムを聴く前にこのラジオが聴けたのはラッキーだったと思います。
 
まず、アルバムが出た瞬間、入ってきた情報は、
①収録曲は9曲
②うち5曲が既発シングル収録済み
③1曲はぶーしゃか
④1曲は新時代思想
⑤よって、完全なる新曲は2曲
正直膝から力が抜けたものです。舌打ち千回です、もう。
11年半待っていて、これか、と。
全曲新曲でもいいくらい、むしろ3枚組とか余裕で出せるべ!
と鼻息を荒くしていた私は、福岡での、アルバム買ったら握手ができるという、A○B商法よりタチの悪い商売っぷりも相まって、もう、どうしてくれよう、と血圧MAXで地団駄踏んでおりました。
 
私のこの荒々しい気持ちを一気に鎮めたのは誰あろうよんぱちラジオの岡村靖幸本人でした。鈴木おさむさんは、私達が絶対に聴けないアレヤコレヤを聴いてくれました。なぜ9曲なのか、曲順を決めたのは誰か、握手会はなんでやるのか。
 
あぁ、そうか、と。
岡村はやっぱり岡村だな、と。
音楽に関することは、何も変わっていないんだな、と。
 
そしてやっと聴いたこの「幸福」。
岡村にとって、このアルバムは決して11年半という単位ではなかったのですね。強いて言えば、この5年間の総まとめ+本日現在の岡村靖幸そのものなんですね。
 
「気に入ったから1曲目」となった新曲。
私はかねがね、ライブでの岡村は、過去の早熟すぎた自分の楽曲にやっと追いついた、と書いてまいりました。
ついに追い越したかな、と。熟れ頃の岡村靖幸をリアルタイムで味わえたかな、そして熟れ頃の岡村靖幸は想像を超えた美味だった、そんな感じです。最近のお気に入りの岡村語録もふんだんに使い、そして音の細やかな入り組み方も惜しみなく前面に出す。これを一曲目に持ってくるなんて、さすがと言おうか、やっぱり音楽に関する自信と勘の良さを感じます。
 
11年半待たれてアルバムを出すって、いったいどんな気持ちなんだろう、とこちらがドキドキしすぎたかな。岡村靖幸は、呆気ないくらい表情一つ変えず岡村靖幸を最新の状態にアップロードしてきました。憎たらしいことこの上ないですね。私は大変なオトコを好きになったもんだと、何百回目かの腹立たしい自覚をいたしました(笑)
 
さあ、アルバム購入を迷って私のブログに来られたお方、買いましょう。
今、岡村を買わずに誰を買う?
岡村は今が食べ頃、お年頃です。
シングルを買っていないご新規さんには大変お得なアルバムとなっております。
そして、シングルを全部買っているから買わなくてもいいや、という古参のあなた、買いましょう。岡村本人が並べた9曲です。その意味を感じ取りながら、最新の岡村が奏でる音を聴きましょう。そして岡村の「幸福」を共に祝いましょう。
 
アルバムが出せた。
やっと使える「完全復活」という言葉。
ここからです。ほんと、ここからです。
岡村ちゃん、おめでとう。
そして「幸福」をありがとう。

 

 

 

幸福

幸福