アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

みなさま、いい幸を!

長かった。

この11年半は長かった。
待ちに待った、なんて簡単な言葉じゃ言い表せない長い長い時間でした。
 
おそらくそれは、私自身の人生いろいろに加え、岡村靖幸自身の山あり谷ありがあったから。
 
ついに来週の半ばに、私の手には「幸福」がすっぽりとおさまっているのでしょう。私の耳からは「幸福」が溢れていることでしょう。
 
本日まで、見事なまでにアルバムに関するネタバレはありません。それが岡村の意思なのか、事務所の戦略なのか、もはやそのあたりはどうでも良くなってきました。アルバムの中の曲を聴いてくれるのが、まずは買ってくれたファンであることを岡村さんが望んでいるのなら、それはそれで嬉しいことだと思います。
 
アルバムを出して、それが素晴らしいものであるのなら、既存のファンは声を大にして宣伝すればいい。
今は、ベストセラーが売れる時代なのだそうです。すでにある程度売れたものだけを選んで消費者は買う。冒険はしない。私にできることは、このブログで岡村靖幸の音楽の素晴らしさを暑苦しく語ることくらいです。しかしそれが、ご新規さんの冒険の一歩を踏み出すことの手助けになれば嬉しいことこの上なし。
 
もし、私のブログに「岡村靖幸 幸福」と検索してたどり着いた方がいらっしゃったら、しかもアルバムを買おうかどうしようか迷っているとしたら、これも何かの縁です。買いましょう。岡村靖幸のアルバムが悪かろうはずがない、私はそう信じて、裏切られることなく30年過ごしてきています。
 
ということで、いよいよ本当に発売されちゃいます、「幸福」。
アルバムの感想をここに書くのは、しばらく聴きこんでから、と思っています。
岡村靖幸にとっての「幸福」がなんなのか探りつつ、私にとっての「幸福」をこのアルバムの中に見出せたら、と思っております。
 
では、みなさま、いい幸を!
 

 

 

 

幸福

幸福