読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

ついに発売!岡村靖幸「結婚への道」


にほんブログ村 ポチっていただければ幸いです。

さて、本日はなぜか全国的にフラゲ状態のこちらの本について、ちょっぴり書こ うと思う。

岡村靖幸 結婚への道

岡村靖幸 結婚への道

岡村靖幸は果たして質問上手か?名インタビュアーか? いまだにこれは私の中で疑問である。

かねてより切望していたGINZA掲載の「結婚への道」がついに書籍化された。 岡村の小奇麗感が安定した状態でいられるのは、全てGINZAさまのおかげだと信 じて疑わない。いつも素敵なお衣装に身を包み、各界の著名人と結婚についての あれやこれやを語りつくす。 もう、私は岡村にとって「結婚=ネタ」だと思っている。お約束ネタ。横山やす しのメガネメガネと一緒(すみませんねー、表現が古くて)。だから内容的には 相手が何を岡村に言うか、ということと、岡村のおどけた表情の写真に興味は集中している。

で、最初の疑問点「岡村は質問上手か?」だが、この結婚ネタに関しては、かなりみなさんの赤裸々結婚哲学を引き出していると思う。 だがしかしだ、これはやはり 「だめだだめだ、この人にはちょっと一言言っておいてあげないと…」 と相手を不安にさせる何かが岡村ちゃんという人にはあるのではないか、と思っ ている。現在これが上手い具合に作用して、非常に面白い記事となっている。 前のめり感の強い50歳の奇才に、そこまで強く質問されたら、誰もがうっかり本音をもらしてしまうものなのかもしれない。

書籍化もされちゃって、この連載はいったいどこまで続いていくのだろう。 何があっても、しれっと「結婚ってどうですか?」と問い続ける岡村でいられる のなら、私はそれで十分満足だ。 中身がカラーだったら、もっと満足だったのにーぃ。 いや、贅沢を言うのはよそう。普通の書店で普通に岡村の本が買える状態をあり がたく思わねばな。

岡村ちゃんに興味がなくても、対談相手にさえ興味があれば、けっこうこれは読 んで損なしだと思います。どピンクな表紙に怖気づくことなく、手に取って見て みましょう!思わぬ話が飛び出ちゃうかもかも。