アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

ちょっと雑記です

ここ最近ちょっと思うところがありまして、少し私の意見も書いておこうかな、と。
私はこのように、岡村靖幸のコンサートがあれば、なるべく細かくネタバレを書くようにしています。それは、こんなにもすごい存在の人を世の中の人に知ってもらいたいから。なんて大きいことを言いましたが、まあ、私ごときの小さなブログに、そんな力がないことは、さすがにわかっております。しかし、昔ちょっと岡村を聞いていて、なんとなく最近活動しているらしいじゃん、でもどうなの最近の岡村って、という人には、ブログを読んで久しぶりに岡村のコンサートに行ってみようと思います、というような非常に嬉しいお言葉をいただいたりもしています。

岡村靖幸って、口コミの人だと思います。
いっときに比べ、雑誌の連載も持ち、シングルやカバーも発売し、メディアへの露出も増えてきています。それでもまだなお、「一見さんお断り」的イメージをもたれているのも事実です。
絶対私は生で岡村を観てもらいたい。あのステージを観て、なんだこりゃ、と思ってもらいたい。こんな人見たことない!と驚いてもらいたいし、面白がってもらいたい。岡村体験前と岡村体験後では、全然違うと思うんですよね、彼に対する興味の度合いが。

最近、ツイッターでは非常にコンサートに関するネタバレがそれぞれのコミュニティーの中で厳しくなってきているような気がします。自分が行くまではセットリストを知りたくない、衣装さえも知りたくない、そんな人も多いことでしょう。
その気持ちもわかりますが、反対にそれを知ったからと言って、岡村のステージの魅力が半減するかといえば、全くしません。だって、そんなの関係なく、岡村靖幸は驚くほど岡村靖幸であり続けているから。
なんか、どんな感想もネタバレになってしまう、そんな雰囲気があるのは、とっても残念だし、もったいないと思います。良かったものは良かったと言ってあげたいし、岡村のライブをガンガン宣伝してあげたい。

セットリストのネタバレは、私はブログでしかやりません。
これは見る人に選択権があるからです。検索しなければヒットしない状態なら、知りたい人にしかこの情報は入らないはず。
でも、そのライブでしか味わえなかった感情は、もう少し自由に呟いてもいいのではないかな、と思います。誰よりも岡村ちゃんのために。
きっと彼はそんなつぶやきを見て喜ぶはず。勝手な憶測ですが。
ネットの活用って難しいよなーと思いながら、でもうまく活用して岡村靖幸を応援していけたらなー、と昨日のすんばらしいライブを見て思った次第です。