読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

岡村靖幸で「Automatic」

音楽 岡村靖幸

いやー、15周年だそうです、宇多田さん。
鳴り物入りでデビューしたのがつい最近に感じるのは、私がおばちゃんだからかしらん。だって、「え、藤圭子の娘がデビュー?」と驚いた瞬間を克明に憶えている昭和歌謡のオンナですから、私。

そのデビュー15周年を記念して、本日発売になりましたのが、こちら!

まさか私が加藤ミリヤの入ったCDを買う日が来ようとは!
もちろんお目当ては岡村の「Automatic」でございますよ。ということで、他の曲を一切聴かないうちに(失礼!)、まず感想を。
岡村が他の人の曲をカバーするのは、かなり好きな方です。賛否両論あったあの「太陽の破片」を聴いて、私は尾崎豊を聴くようになったのですから。あれはもう、曲を一度自分の中に完全に入れ込んで、そして男ながら産みの苦しみを味わって産み出した曲なんじゃないかなー、と勝手に思っています。非常に胸に突き刺さる歌声です。最近では大貫妙子さんの「都会」のカバーの素晴らしさに打ち震えました。(その時の詳細は、暑苦しく以前のブログに書いております。)

あ、ちなみに私が一番好きなカバーアルバムはこれ。一人のミュージシャンが、まるまる一人をカバーするって、なかなかないですよね!

矢野顕子、忌野清志郎を歌う

矢野顕子、忌野清志郎を歌う

矢野さんがカバーをする時には、尋常じゃない曲に対する敬意と愛情を感じます。すごい「出産」感が強い!やっぱりいかにその曲に愛情を注げるかで、聴く人の心を揺さぶることになるのかが決まるような気がする、そんなお手本のようなアルバムです。

ということで、岡村ちゃん、どのくらいこの曲にこだわったかなー、と興味津々で聴きました。
Automatic、4分直前からの岡村がやっぱり好き。断然好き。そこに辿り着くまでのおりこうさん加減は何かしら?もう、一回聴いちゃうとじれったい。もっと、もっと早く岡村をー!と求めてしまいます。その焦らし具合が今回の戦略だとしたら、私は完敗。
でも、すごく丁寧に歌詞を歌い上げてますねー。私が宇多田ヒカルだったら嬉しいなー、岡村がこんな風に歌ってくれたら。
ですから購入しようかどうしようか迷っている方は、YouTubeで前半部分だけ聴いてこの曲を判断しないように!ぜひまるっと聴いてみてご決断下さいませ。

まあ、とにかく今回は、音楽業界のお祭りの御神輿を担ぐ側に岡村靖幸がいたことがちょっと嬉しい。いや、だいぶ嬉しい。私の中での岡村祭りの、これが今年最後のイベントになるのかなー。

追記:このアルバム最初から通しで聴きました。こうしてみてわかる岡村靖幸の偉大さ!特異性!若干の狂気を孕んだAutomatic。私も岡村が歌うパラダイスに行きたいぞ!


あ、そうそう。岡村ちゃんがスペースシャワーTV25周年のお祝いメッセージを書いていたので載せておきます。最近の岡村メッセージ、なかなかいい塩梅のものが多いね。

f:id:sakurakanade:20141209213930j:plain