読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

靖幸カルタ「ふ」!

「火の用心」ってあるじゃないですか。
ええ、あれで一曲歌を作ったんですけど、聴いてもらえます?
岡村ちゃんが言いそうな言葉「ひ」)

音楽のジャンル、たくさんあります。
CDをパソコンに一度おとすと、だいたいジャンルが勝手に表示されますよね。あれを見て、へぇー、これはそういうジャンルってことになっているんだー、と驚くことが多々あります。
岡村靖幸の場合、昔は間違いなくJ-POPだったのですが、今はファンクとして表示されるようですね。

ここで思い出されるのが昔のスガシカオのラジオです。
ご存じな方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、シカオちゃん岡村ちゃんの大ファン。今もそうかな?で、普段公言することのなかった岡村愛をめずらしく語ったのが1997年の「MUSIC GUMBO 」でした。当時これを聴いていた私は、あまりの愛のあふれ方に爆笑(このころは笑っている余裕がまだあったんですよね)していたのですが、この時のラジオを文字おこししてくれていた方がいて、今回引用させていただきます。
「聖書」をかけた後のシカオちゃんの言葉。

この語りをバカにする人もいるんですよ。
「よくこんなことが言えるなぁ。どんな顔してレコーディングしてんだよ」とか言う人もいるんだけど、でもね、この語りをあの世界で作って、今のベースのチョッパーのラインから入ってきてさ、あの世界に、
岡村靖幸ワールドに、ドカ~ンとぶち込むってちょっと、オレ、絶対並じゃできないと思うよ。うん。
だってさ、こういう風に作れっていわれて、オレなんかじゃ出来ないもん。きっとテレちゃってね。「パパやママに…」とかね、声とかうわずっちゃうと思うんだ。ガ~っとその世界に入りきれるその力ってスゴイと思いますけどね。

いいこというね、シカオ。たしかにうわずると思う。
そしてこんなことも。

やっぱりね、「プリンスっぽい」っていうイメージがすごい強いでしょ。でもね、もうね、プリンスの…確かに似てたんだよね、出てきたときはね。でもね、もう、こんなに長くやってたらね、もうそれは「岡村靖幸の音楽」ですよ。ヤス君ミュージック。これはねぇ、もう、多分プリンスでもなんでもない、と俺は今思ってるね。

まあ、これほど長く引用させていただきまして、私が言いたかったのは何かというと、ジャンル不問の素晴らしさね。シカオが言うところの「ヤス君ミュージック」、これだよこれ。
私はいつも「ニューアルバムを、アルバムをくれーっ」と騒いでおりますが、この売れる売れないに関係ない、素人が手を出しては火傷するような、そんななんだろう、これは、と度肝を抜かれるようなエキスを日々求めているのです。
そして、シカオちゃんがまたラジオで、こうして熱く語ってくれる、そんな日を夢見てアルバムを待っているのです。

さあ、大人気の「は行」の中、一番苦戦を強いられたのが「ふ」。それでも11句集まりました。
本日ちとせ絵がついたのは、こちら!
呼ばれてっぞ、白石くん!
靖幸カルタ「ふ」:しょっちゅう場外級のファール打ってます:So-net blog


そして、全句はこちら!
『ファミリーチャイム 鳴らす時には 祝福してね』
千ノ丞

『フトン派です 最近は』
みっち

『ファミレスで 記入するのは 岡村姓』
クミッド

『不良少女のポシェットの中には夢がある?』
椿 硝子

『フランキーゴーズトゥーハリウッドでっ!いくよっ!』
熊笹

『腹筋です 靖幸さんのは 腹筋です』
MONJI楼

『無難なロックじゃ楽しくない 岡村ちゃんから学ぶ音楽の基礎』
絵理

『無難なロックじゃ楽しくない 格言です!』
きゃりこりん

『不自然な呼吸やられそうだよ』
nicodonguri25

『二人なら星もふーるー』
nicodonguri25

『フォーッ!!』
nicodonguri25