アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

岡村ちゃんのために今日は歌うよ

前略
靖幸さま、お誕生日おめでとうございます。
48歳、どんな気持ちですか?
ずいぶん長いこと、あなたの曲を聴いてきたんですね、私は。

あなたの歌は、私にとって、いつもいつも人生の節目に流れていました。それぞれの時代、お気に入りの想い出の曲はたくさんあったけど、やっぱりあなたの歌声が一番わたしの心の隅々にいろんな形でそのしるしを残しているのですよ。

たくさんの人があなたの誕生日を祝い、あなたの健康を祈り、あなたの歌声を待ち望んでいます。今度は、どんなあなたを見せてくれますか?どんな曲をわたしの人生にまた刻んでくれますか?
私はまた、貪欲にあなたの音楽を待ち望みます。一分一秒だって我慢できないほど待ち望みます。カラカラに渇いた、私の心の中の音楽の溜め池をまた満たして下さい。もうダバダバ溢れさせて下さい。

岡村靖幸を産み出してくれた全ての存在に感謝します。そして必ずや音楽にまみれまくる一年をお過ごしいただきたい。あなたの音楽に浸れるのなら、どんな深い海にだって私は飛び込むでしょう。
私もあなたが発する幸せのヒントを見逃さないよう、常に前髪を捕まえる気持ちでポジショニングしておきますから、覚悟されたし。

お誕生日を祝うつもりが、あなたの音楽に対する愛への告白になって、なんだかまとまりがなくなってきましたが、つまりだなー、きみのことがまだまだ大好きってこと、そして新譜をどれだけまちのぞんでいるかってこと。

これからだって、寄ってくれるなと言われたって、あなたから1個でも音符がこぼれ落ちるかぎり、私は少しでも近くにいて、その曲を聴けるようにしておきますよ!

最高のお誕生日、最高の一年を祈って!