読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

先日のブログについての補足です

ここ数日、このブログを見にきてくれた方の数が過去最高となっております。恐縮です。そして反響の大きさに、若干の脂汗をたらしてます。まずは、読んで下さった、みなさま本当にありがとうございます。

先日の記事を書いた時には、最悪ブログ閉鎖というパターンも念頭におきつつ、勇気を振り絞って書いたんです。結果いただくコメントのほとんどが、同じことを思っていました、という同意のお言葉。書いた私としてはホッとしたの半分、残りの半分はこりゃマジにヤバイじゃん岡村ちゃん、でした。

これほど一挙手一投足が注目される、しかも音楽そのものは言わずもがな、プロモーション方法から生活面に至るまでファンが心配してやまないアーティストを私は他に知りません。よく岡村靖幸ファンには、熱狂的ファンしかいないと言われますが、それは本当だと思います。

昔の弾き語りで、愛してるって言われるために生まれてきた男なんだぜー、と歌っていましたが(もちろんその直後、あいしてるーっの嬌声が溢れかえっておりました)ほんと、そのとおりだなと、年月を重ねた今、ますます思っているわけです。

で、今私が強く思っているのは、岡村靖幸のライブにまだ行ったことがなく、私の先日のブログを読んだことで、行くことに迷いを生じてしまった人がいたら、迷うことなくライブに行ってみて下さい。絶対後悔することはありませんから。それだけは保証できます。

先日のブログは、岡村靖幸本人に対してというより、その周辺のいわゆる大人の事情らしき部分に対する不信感を一番伝えたかったわけで、全くライブそのものを否定しているのではなく、そこで誤解が生じてしまったのなら、それは全て私の不徳の致すところです。

こんなにも岡村靖幸を気にかけている人がたくさんいるという事実だけは、声を大にして伝えたいと思います。