読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

映画「ロボジー」

映画ロボジー取扱説明書

映画ロボジー取扱説明書


私にとって、一番若い友人(小3女子)と見てまいりました、ロボジー!
CMで、ミッキー・カーチスが変なロボの中に入っているところだけを
見ていた私は、「老人虐待?」という余計な心配までして映画館に
向かったわけでございます。


結論から言いまして、非常に面白かったっす。
弱小家電メーカーの木村電器。白物家電を作り続けてきたメーカーが
社長の思いつきでロボットを作る羽目に。
しかも最新鋭の二足歩行ロボ!
畑違いのプロジェクトに駆り出された窓際社員3人。なんとか形に
するも、発表の場のロボ博一週間前に、うっかりバックアップも
とらないままロボ木っ端微塵。あとがない三人は、着ぐるみ作戦に
うってでます。そう、外見はロボ、中身は人間。
オーディションで選ばれたのは、なんと73歳のおじいちゃん、
「鈴木さん」です。
ひょんなことからこのインチキロボ「ニュー潮風」は日本中の
人気者となり、その人気と比例して次第にロボの怪しい動きに
対する声もあがりはじめます(そりゃそうだ)。


大好きな濱田岳がこの開発エンジニアの一人を演じていたの
ですが、彼の演じるシドロモドロとした感じはやはり絶品!
これを見るだけでも価値あり。
ロボットオタクの吉高ちゃんも可愛かったし、とにかく
ミッキー・カーチスの演技がよかった!切なくて、可愛らしくて
希望が持てる。
悪人なんか、一人も出てこないし、観終わった後の気分がとても
良い、ステキな映画でした。


エンドロールの歌もしっかり聴いて欲しい。
ミッキー・カーチス、ロック健在o(^▽^)o


「ウォーター・ボーイズ」の矢口史晴監督作品。