読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

岡村靖幸「エチケット+ツアー」in 仙台市民会館 後編

しつこいようですが、以下、完全ネタバレですので、ご注意下さい!


さて、ステージも中盤、アンコールくれくれの拍手の際は
「ヤスユッキ フォー!」
(あー、これ伝わるかなぁ。居酒屋か?っていうくらいの手拍子&掛け声。特に男性の)これが鳴り止まず(笑)
特に「フォー!」」の部分が楽しくなってきちゃったんですね、みんな。完全に靖幸祭り。


「仙台ベイべ」の弾き語りのメロディーラインの美しさにキュンとなり、白石さんのMCも冴えまくり、「あのロン」から「だいすき」にかけての会場の一体感に、また涙。
汗を拭いたポケットチーフは後ろに投げ、ピックは横に投げるというドSっぷり。
ガバッと胸をはだけたり、髪をクシャクシャっとやっちゃったりというサービスショットも満載!
終始、華やかで、楽しくて、微笑ましささえ感じるステージでした。
ステージ終了を告げるアナウンス後に巻き起こった拍手は、今回の仙台ベイべの気持ちを凝縮したものだったと思います。


初参戦の妹に感想を聞くと
「靖幸ちゃんって、こんなににこやかな人だったんだね!」
そうなんです、みなさん。
エチケットプラスの「プラス」=靖幸の笑顔、だったんですね(^з^)-☆


ラストの「out of blue」まで、ほんとお腹いっぱい胸いっぱい、満足度120%。靖幸フルコース、堪能いたしました。
昨年の新木場は、私にとって奇跡の一夜のはずでした。
でも、どうやらそれは奇跡なんかじゃなく、現実への第一歩だったようです。


仙台ベイべに言いたいことは
寒いということ
雪が降っているということ
久しぶりということ
……レッツ ギョーン!