読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

星野源「いのちの車窓から」を読んで

さまざまなものが優しくそぎ落とされていました。彼の書く文章は、作られた音楽より先に好きになったくらい大好きなので、おそらく単行本化されたエッセイはほとんど読んでいます。その中でも今回の「いのちの車窓から」は群を抜いていると思います。 いのち…

春ですね♡

さて、新たに好きな人が出来た。(知らんがなですよね、そうですよね。でも言っちゃう)人からは浮気と言われたが(笑)、岡村ちゃんは私の根幹だから、まあ許していただきたい。(誰に許しを乞うているのかわからんが。) このたび私の心のベストテンにランク…

GINZA4月号 岡村ちゃんの音楽対談を読んで

音楽という、姿も見えない、匂いもしない、手で捕まえることもできないものをどうにか捕まえようとしている無数の音楽家たちに、どうか温かい拍手を! 小沢健二のこの言葉から幕を開けた(それがなんだか悔しい(笑))雑誌「GINZA」の音楽特集。(この次のペー…

春にして小沢健二を想う

NEWS ZEROはまだ見ておりません。なぜなら、こう頻繁に小沢健二を観てしまったら彼を好きになってしまうから(笑)人というものは、見れば見るほどその相手を好きになる傾向があるそうで、事務所の力の強いアイドルが、常にテレビに出続けることにより、ます…

小沢健二祭りに参加しております。

ご無沙汰しております。みなさまお元気でしょうか?暖かかったり寒かったり、なかなか体調管理が難しい季節ですね。 などと挨拶が長くなりますのも、あまりにも久しぶりにブログを書くということで、自分なりのウォーミングアップをこっそりおこなっているわ…

いとうせいこうフェス2日目、備忘録

完全なる自分用備忘録。楽しかったことって、楽しい!っていう気持ちが先に強くあって、中身を忘れてしまうんです。以下、箇条書きで、失礼します。 ・まず昨日と客入りが全然違う。3階までいっぱいのお客さん!ナマモノ引き出物は茶色。かわいい。 せいこ…

いとうせいこうフェス2日目に行ってきました!

私は驚いた。 この世にいとうせいこうを踊らせることができる人がいるとは。それが私の最も愛するスーパースターだとは! まず、この話は置いといて…。 私にこの席を譲って下さったあなた!心からお礼を言います。本当にありがとう。中高時代からの私の憧れ…

いとうせいこうフェス一日目のザックリとした感想

暑くもなく寒くもなく、ゆるくもあり緊張感もあり。 これぞ、今現在のいとうせいこうそのもの!という第一日目。 町山さんの花が、パチンコ屋の開店状態で存在し、 東京体育館がどんな方向音痴の私でも、千駄ヶ谷駅から絶対迷わない位置にあり、物販を見れば…

いとうせいこうフェスに行ってきます!

よく80年代はサブカル全盛時代と言われる。それは仙台にいた私にとっての印象としては、あくまでも東京を中心として考えた場合だ。私は80年代に中高生だった。田舎でサブカルをこじらすことほど面倒くさいものはない。「PATi PATi」や「GB」は基本的に立…

「再建設的」を聴きました(例によって岡村ちゃん中心に語る)

さて、昨日はアルバム「建設的」発売30周年であり、「再建設的」発売日でもありました。 いとうせいこうさん、おめでとうございます! 再建設的 アーティスト: いとうせいこう& リビルダーズ 出版社/メーカー: キューブ 発売日: 2016/09/21 メディア: CD こ…

鈴木雅之ニューアルバム「dolce」を聴きました

マーチンはファンキーである。この最大にして重要な部分を私はうっかり忘れていた。ラヴソングの王様として君臨し続けているマーチン先生の歌を聴く場合、比較的「うっとりと」「しっとりと」「まったりと」ソファーに座りながら拝聴するのが私の平均的なス…

Sometimes it Snows in April

誰がこんなことを想像していただろう。四月にあの人が旅立ち、その三日後に、あの人の名前の前に「和製」とつけられ続けた彼のライブがあり、「Sometimes it Snows in April」を歌うことになるとは。プリンスの死去と共に、岡村靖幸の名前は「日本のアーティ…

Prince

プリンスが死んじゃった。エレベーターの中で死んじゃった。そんな馬鹿なことがあるか?ずいぶんと私はこのところ、プリンスの相変わらず元気な姿をネットで観ていたんだよ。それはもう当たり前のことのように。こんな馬鹿なことがあるか?いまだに誰も、何…

名盤ライブ 渡辺美里「eyes」

昨日、ここ数日のいろんなドキドキの元となっていた渡辺美里ちゃんの名盤ライブに行ってまいりました。もちろん岡村を中心に考えて書いてまいります。ライブの概要と、ライブレポはこちらにプロの方が簡潔に書かれておりますので、ご参照ください。名盤ライ…

マイベストアルバム2015 そしてライブ総括

今年もいよいよ残り半月。全然何もできないまま、実家に帰るような気がしてならぬ。さて、備忘録として、今年のマイベストアルバムを載せておく。ちなみに岡村は殿堂入りしているので載せません。YELLOW DANCER (初回限定盤A)アーティスト: 星野源出版社/メ…

矢野顕子+TINPAN さとがえるコンサートinNHKホール に行ってきた

今年も行ってまいりました、矢野顕子さん「さとがえる」コンサート。私にとっては4回目ですが、この「さとがえる」コンサート自体はなんと20回目という記念すべき回でございました。このブログでも時々登場する音楽通の先輩と、コンサート前に素敵な場所でお…

BRUTUS「特集 松本隆」岡村靖幸インタビュー

BRUTUS(ブルータス) 2015年 7/15 号 [雑誌]出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2015/07/01メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る 私は岡村靖幸ファンだから、岡村靖幸が松本隆にインタビューしたこの記事についてだけブログに感想を書くとする。し…

矢野顕子さとがえるコンサート2014に行ってきた!

背伸びしなければ、背は伸びない これは私の読書と音楽に関する持論だ。もちろん学問やスポーツにも同じことは言えるだろう。ただし後者二つに関して、私は背伸びを怠ったのだが。「矢野顕子さとがえるコンサートwith TinPan」に行ってきた。 私はTinPanにも…

岡村靖幸で「Automatic」

いやー、15周年だそうです、宇多田さん。 鳴り物入りでデビューしたのがつい最近に感じるのは、私がおばちゃんだからかしらん。だって、「え、藤圭子の娘がデビュー?」と驚いた瞬間を克明に憶えている昭和歌謡のオンナですから、私。そのデビュー15周年を記…

矢野顕子さとがえるコンサート2013

女もつらいけど男もつらいのよ歌詞を間違えているわけではございませんのよ。奥田民生versionは、これだったのです。本日、矢野顕子さんのさとがえるコンサートに行ってきました。今回はMATOKKUという不思議楽器演奏者のみなさんと、1994年に発売されたアル…

映画「BEAT CHILD1987 ベイビー大丈夫か」

岡村靖幸ファンの私ですが、今回はブルーハーツと佐野元春が見たくて、行ってまいりました。会社帰りの平日18時半、映画館に駆け込むと、私を含めて10人。よりによって、かなり大きなスクリーンに10人。まさに、ベイビー、大丈夫か?状態。かねがね噂では聞…

一夜明けての「ヘルシーメルシー」

昨日のブログ、我ながらなんすかあの枠、興奮しすぎでしょ。おかしいからあのままで。さて、一夜明けて「ヘルシーメルシー」ばかり聴いてます。ほんと繰り返し聴いてます。この曲の特殊性は、明らかにバンドをバックに歌うことを前提した作りだということ。…

ビバナミダ、そして、ヘルシーメルシー

待つこと6年。AKBファンのみなさん、何の数字かわかりますか?←なぜ限定?知りたいですか?知りたいでしょ?言ってる私は、むしろ知りたくない。シングルです。岡村靖幸のシングル発売がなんと6年ぶりなのでございます。いや、6ヶ月じゃございませんって…

ついに公開、岡村靖幸「ビバナミダ」MV!

ビバナミダ、ついにMV公開!初めてフルバージョン聴きました。感動、マジ感動。Space Dandy OP MV - YouTube6年ぶりの新曲なわけですよ。このブログでも、きっと岡村靖幸本人が読んだら、怒るんだろうなー、ってくらい私は新曲を求め続けておりました。ごめ…

大貫妙子トリビュートに民生、靖幸+教授、ユーミンら参加

ナタリー - 大貫妙子トリビュートに民生、靖幸+教授、ユーミンら参加大貫妙子の40周年記念トリビュートに坂本龍一、ユーミンらが参加! - 音楽ニュースというわけで、淳が結婚発表したこの良き日に、私にとってはその数万倍の価値のあるニュースが飛び込ん…

私が仲井戸麗市に辿り着いた理由

結果から申し上げますと、わたくし、仲井戸麗市さんのファンクラブに入りました。会員番号取得は、人生4度目です。さてさて、どうしてこうなっちゃったのか。それは矢野顕子さんから矢印が繋がっているのです。矢野顕子、忌野清志郎を歌うアーティスト: 矢…

矢野顕子コンサートに行ってきた!

矢野顕子、忌野清志郎を歌うアーティスト: 矢野顕子出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ発売日: 2013/02/06メディア: CD購入: 3人 クリック: 27回この商品を含むブログ (17件) を見るこのところわたくしが矢野顕子さんと忌野清志郎さん…

「夢助」忌野清志郎

夢助アーティスト: 忌野清志郎,仲井戸麗市,三宅伸治,Steve Cropper出版社/メーカー: ユニバーサルJ発売日: 2006/10/04メディア: CD購入: 1人 クリック: 46回この商品を含むブログ (81件) を見る音楽に教えてもらう、そんなことこの歳になると哀しいかな、な…

「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」

矢野顕子、忌野清志郎を歌うアーティスト: 矢野顕子出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ発売日: 2013/02/06メディア: CD購入: 3人 クリック: 27回この商品を含むブログ (14件) を見る音楽的両思い、そんな言葉が浮かびました。なんて愛…

「青山ロックン・ロール・ショー」忌野清志郎

忌野清志郎 青山ロックン・ロール・ショー2009.5.9 オリジナルサウンドトラック(DVD付)アーティスト: 忌野清志郎,RCサクセション,ザ・タイマーズ,忌野清志郎&2・3’S,忌野清志郎 Little Screaming Revue,忌野清志郎+坂本龍一出版社/メーカー: MILESTONE CROWD…

「ひとつだけ」忌野清志郎&矢野顕子

「ひとつだけ」忌野清志郎&矢野顕子 清志郎が死んじゃってから、泣かないようにしてたのに、これ見たら泣いちゃったよ。 離れているときでも、ぼくのこと忘れないでいて欲しいよ、ねえお願い。悲しい気分のときも、ぼくをすぐによびだして欲しいよ、ねえお…

「ピヤノアキコ。」矢野顕子

ピヤノアキコ。~the best of solo piano songs~ (SACD-Hybrid)アーティスト: 矢野顕子出版社/メーカー: エピックレコードジャパン発売日: 2003/10/01メディア: CD購入: 4人 クリック: 24回この商品を含むブログ (106件) を見る 今までこの人を通過せずに、こ…

林光

先日、作曲家の林光先生が亡くなりました。 80歳でした。 私は、小・中・高と合唱部に所属していました。 特に高校の合唱部は厳しく、朝練、昼練、夕練と 休む暇がなく、人数も少なかったので一人当たりの 負担も大きく、伝統ある学校だったためプレッシャ…