読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

GINZA4月号 岡村ちゃんの音楽対談を読んで

岡村靖幸 音楽

音楽という、姿も見えない、匂いもしない、手で捕まえることもできないものをどうにか捕まえようとしている無数の音楽家たちに、どうか温かい拍手を!

 

小沢健二のこの言葉から幕を開けた(それがなんだか悔しい(笑))雑誌「GINZA」の音楽特集。(この次のページにいきなりチャック・ベリーが登場。ご冥福をお祈りしたい)

ちょこちょこと清志郎の名前や多摩蘭坂が出てきたりしてウキウキしているうちに、我らが岡村ちゃんの特別対談二本立て。

f:id:sakurakanade:20170322133658j:image

一本目の小室哲哉さんとは、「あの」岡村ファンの多くがハラハラしながら観ていたTK MUSIC CLAMP以来21年ぶり。鈴木マーチン先輩以降久しぶりに「岡村」と呼び捨てしてくれるパイセンが登場したわけです。

ここではレーベルメイトだったころの具体的かつ貴重なお話。やっと岡村ちゃんから美里ちゃんの名前が出てきたわ、と私などはそこに喜びを隠せません。

非常に冷静な小室さんの自己分析が面白い。プロデュースした一人一人に対しても、その時代に対しても、ブームを作るとはなんぞや?ということをよく理解していらしたのねー、と感心。

そこをまた岡村ちゃん「僕は分析はできないですが」と謙虚な前置きをしながらも、体感的分析をきちんとしていることが面白い。

「小室さんは社会の声に耳をそばだて、若者の心に寄り添い、メッセージを発信し、そして売る。広めることにこだわった。そんなアーティストってほかにいるんだろうか?」

と語っております。最後の小室さんの言葉「音楽は好きなことだし趣味でもあるし僕の術なんだけど、僕の“職業”という意識が強いんです。そこがアーティストである岡村との違いかもね」に深く頷くわたくしでした。

(あ、この小室ページ最後の岡村ちゃんの調子にのった写真、すごくいいですね(笑))

 

f:id:sakurakanade:20170322133820j:image

さてお次は大大大好きな小西康陽さんのご登場!帽子に被られてると言っても過言ではない状態の小西さんと、初っ端からディープな音楽談義。私はピチカートの野宮期がとにかく好きなので、このあたりのお話はヨダレが出るくらい嬉しいのです。

小西さんがレコード屋で細野晴臣さんに会った途端「あ、僕がいま作ってるアルバムは失敗だ」って思ったとか、野宮さんだったからこそ自分でも驚くほど詞や曲が次々できたこと、1974年以降の音楽は聴かないとか。へーっ!

でもまあ今回一番ズドーンときた言葉が、小西さんがタクシーに乗っているときにラジオから流れてきたムッシュのお言葉の「流行に乗ったら、早く降りなきゃね。そうしないと次のに乗れないでしょ」でございました。ちょっとこの言葉だけでも今回GINZAを買った甲斐があります。

去年のオリンピック閉会式で「東京は夜の7時」が流れたことに対するご感想も聞けたし、結婚に対する「最高のレコードを手に入れたとしても、絶対に別のレコードがほしくなる」という小西さんらしい表現も聞けましたし、何よりラストに「だいすき」の7インチシングルレコード(しかもヤフオクでゲット!!!)にサインをねだる小西さんという、非常にお後がよろしいようで的な終わり方に大満足。

 

とにかく、岡村ちゃんが音楽について語るということ自体嬉しくてしょうがないし、他のミュージシャンの記事も面白く、この号はとても読み応えのある内容でございました!

 

 

2017年3月11日

雑記

3.11、検索は応援になる。|3.11応援企画 - Yahoo! JAPAN

私は毎年恒例の子宮がん検診の結果を聞き、今年もまた異常なしとのお墨付きをいただき、ホッとしながらスタバでさくらシフォンケーキなど食べている。そしてTwitterの震災関連の記事をRTしている。

こんな自分を少し反省したり恥じたりもしている。今日という日は、まだまだ感情が混乱するし、あの瞬間を容易に思い出してしまう。

忘れたいという気持ち、忘れてはならないというそれぞれの強い気持ちを一生抱いていくのかもしれない。

f:id:sakurakanade:20170311120516j:image

厳しい現実に目を背けることに慣れてはいないか。これが当たり前だと思っていないか。この数字はまた今年も私に問いかける。

 

まずは家族が、仙台の実家の母や妹も、今年も無事に過ごせていることを感謝したい。

そして七回忌である今年、1万5893人の方々が安らかな眠りにつけていることを心からお祈りしたい。

 

安倍首相の3・11会見打ち切り=震災6年で「節目越えた」 (時事通信) - Yahoo!ニュース

節目を越えるという言葉を使っていいのは当事者だけだと思う。

 

 

 

 

 

せっちゃんと岡村ちゃんがいい塩梅です

岡村靖幸

現在発売中のテレビブロス岡村ちゃんの対談のお相手は、せっちゃんこと斉藤和義さん。

私は最近のブロスの対談、大変不満でございました。それは岡村ちゃんがあまりにも聞き上手となってきたため、岡村ちゃんの会話量が、文字数で見ると全体の数パーセントにしかならないことが続いていたからです。

物足りない。物足りなすぎる。ブロスを読むたびにその物足りなさを、隣に載っている源ちゃんと細野さんの対談で心を埋めていたのはここだけの話。

 

しかーし、今回、せっちゃんとは親しく「会話」していらっしゃる!会話の内容も岡村ちゃんのステージングについて相談を受けたせっちゃん。せっちゃんがギター屋さんを紹介し、2本もギターを買った岡村ちゃん(せいこうフェスの見慣れぬギターは、このうちの1本だった!)。そして風の噂で聞いていた、せっちゃんのデンス&投げキッスなど、ネタ盛りだくさん。

こうでなくっちゃ!

この同年代の独身セクシーシンガーソングライターが同じステージで何かやったら、かなり面白いことがおきそうだよな、と夢が膨らみます。

 

夢が膨らむといえばこちら!

f:id:sakurakanade:20170309180501j:image

もちろん小沢健二ファンがきっとガサッと買うから、早めに購入せねば。表紙だけで浮かれてきちゃう💖小室さんと小西さんがお相手なら、きっとたくさん音楽の話をしてくれるはず😍

とっても楽しみにしてます!

村上春樹「騎士団長殺し」を読みました

読書感想

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

たまには読書ネタを。
華々しく書店にて繰り広げられた村上春樹祭りに今回ものっかり、たっぷりと一週間かけてじっくり読ませていただきました「騎士団長殺し」。
結果、面白かったです、とっても。

この本を購入するまでは、他の人の口コミを見てから買おうかしら、と思っていたのですが、他の人って誰?と思い始めまして。村上春樹を私が読むにあたり、他の人の評価が必要か?と。
分かりやすいところで言うと、amazonの評価など目につきやすいのですが、あの評価だって実際全部読んだ人が書いている保証はどこにもありません。単に村上春樹が嫌い、という人が書いている可能性もあるわけです。
今回はあらかじめ何も見ずに、自分の中に今まで蓄積した村上春樹の世界だけを比較対象として読んでみようと思いました。

巷には村上春樹は読み手に不親切で、サービス精神がないという意見があるようです。
私は村上春樹にサービスを求めてはいません。
おそらく今まで読んできたもののどれをとっても丸々理解できた作品はないと思っています。
しかしほんの少し理解できたその一部分が、その時の自分の心に強い光を放てば、それだけで私はこの作家の作品を読んで良かったと思えるのです。
読書の感想として「サクサク読めた」
という言葉をよく目にしますが、これはおそらく作家の方にとっては一番言ってほしくない表現なのではないでしょうか。
わからない、理解できない部分が多くとも、それを考えることのできる余白が存在し、きちんと提供されれば読書はそこで終わりません。考えることが読み続けることになるのです。

音楽というものもこれに近いかなと思っています。
歌には歌詞があるけれど、その歌詞も書き手を越えた解釈が聴き手の側に生まれ、それが歌をふくらませて育てていくものだと思っています。

好きか嫌いか、でいいと思っています。文学も音楽も。
しかし「わかる=好き」「わからない=嫌い」というあまりにも簡単な図式に慣れてしまうことはとてももったいないことだと思います。
短時間でゼロか1か、白か黒かで判断されたものばかりを目にしていると段々それがあたかも自分の意見のように思えてきます。グレーがあってもいいんだし、そこに突然ピンクが見えてもいいわけです。それが何なのか考えることこそ文学や音楽を楽しむ醍醐味だしそこに幸福があるとも思います。

はっ!「騎士団長殺し」に関して、ほとんど何も書いていませんでした(笑)
プラトンの「洞窟の比喩」を出してきましたね。イデアとメタファーについて、副題についているくらいですから、かなり深く考えることになる作品です。現に今も考え中。
相変わらず人は死に、性交回数は多いのですが、そこばかりを嘲笑の対象とするのはちょっと違うような気がします。
実は今回の作品は、村上春樹の中でも読者に親切なのではないかな。そしていつにない終わり方だな、と感じました。
私は大満足でした。少なくとも次の長編が出るまで有意義な余白部分を味わうことができそうです。

春にして小沢健二を想う

音楽

流動体について

NEWS ZEROはまだ見ておりません。
なぜなら、こう頻繁に小沢健二を観てしまったら彼を好きになってしまうから(笑)
人というものは、見れば見るほどその相手を好きになる傾向があるそうで、事務所の力の強いアイドルが、常にテレビに出続けることにより、ますます人気が出るのは道理。
ということで、自分の中で目盛りを絞って小沢健二に接してきたつもりですが、昨日のNHK FM「きらクラ!」にて完全にしてやられました。

小沢健二に翻弄されるオザケンファンを横目で見ながら長年過ごしてまいりました。
その翻弄のされ方が端から見るとまたいい塩梅でして、何せこちとら生粋の岡村ファンは絶望からの復活というある意味「ゼロか100か」の翻弄ばかりを味わっておりましたので、小沢健二がファンに仕掛ける可愛らしい謎かけや魔法を非常に微笑ましく拝見しておりました。

先日のミュージックステーションはご覧になりましたでしょうか?
面白かったですねー、番組編成。←そこ?
まず最初に曲順発表。当然小沢健二はトリ。
全8組のアーティストのうち6組を最初の26分間で出し切りX JAPANで10分間、残りの時間ぜーんぶを使って小沢健二大特集。1時間でこれだけ無理をしたMステを初めて観ました。
まず、最初の登場、あの階段を下りてくる順番で小沢健二がトップであったことに動揺。心の準備が出来ないまま、ほんとに出てきたわっ!っていう驚き。そして、あぁ、彼は一般人としての生活もちゃんとやってきたんだな、という「芸能人」の歳の取り方とは違った年相応の姿にちょっと感動し、緊張感いっぱいの表情で階段を下り、タモリさんの隣にスラリと立った立ち姿にまた感動。
いわゆる王子様時代、小沢健二といくつも歳が変わらない私は「すかしたお金持ちのエリートボンボンめ」、と色眼鏡をかけて彼を見ておりました。←我ながらひどすぎ
しかし、こうして20年の月日が流れ、父親となった小沢健二その人は、まるで国立大の新進気鋭の文学部教授のような風貌。ある意味、彼の持つ素地から出ている太い矢印に限りなく添った形の48歳となっておりました。

Mステで歌った「ぼくらが旅に出る理由」そして「流動体について」という、なんだか時間旅行をしているような夢心地の流れ。自分が経てきた年数を彼の曲により一気に眺めたような気さえしました。
相変わらず、今後の予定としていきなり「フジロック出ます」という局アナを動揺させる発表を軽々とするところなどお元気そうで何よりと思ってしまいましたが、ラストの20年ぶりにMステに出ての感想を求められた時に
「20年間、この番組が音楽の灯をずっとともし続けていたことに感動しています」
ときっちり答えるところなど、さすがだわーと、たいそう感心いたしました。

そして私の中でこのように小沢熱が盛り上がってきたところの、昨日のラジオ出演でございます。
「きらクラ!」全く知らなかったのでwikiを見てみたところ「クラシックに造詣が深くないタレントとクラシック演奏家とのトーク交じえながらクラシック音楽を紹介する番組」との説明。
タレント=ふかわりょうなのですが、このふかわりょうこそが今回大変良い仕事をしたのです。
昔はたぶん、こんなにいろいろと語らなかったよなーというような音楽の話、小澤征爾や「知り合いのおじさん」である武満徹の話(もう、こういう彼の置かれた環境がたまりませんね)文学の話をふかわりょうに問われるがまま、さらさらと答えていく内容でございまして、それはそれは面白かったのです。
小沢健二のバックボーンがよく見えたひとときでありました。
(カバーしていたローリングストーンズを地味と表現していて笑ってしまいましたが…)

小沢健二の語る並行世界は、なにも彼が初めて語ったものではなく、文学において昔から語られている題材であります。でも、この本人の独特の出現の仕方が実に並行世界を考えるひとつの材料となっていることは悔しいけれど確かなわけで、面白い存在だなーと思っています、とても。
というわけで、「あの頃」よりずっと好感を持って小沢健二という人を観るようになったのは、ちょっと良かったな、と思いました。たぶんアルバムなど出たら買ってしまうと思います。

小沢健二祭りに参加しております。

岡村靖幸 音楽

ご無沙汰しております。
みなさまお元気でしょうか?
暖かかったり寒かったり、なかなか体調管理が難しい季節ですね。

などと挨拶が長くなりますのも、あまりにも久しぶりにブログを書くということで、自分なりのウォーミングアップをこっそりおこなっているわけでございます。

さて、このところ、これが書きたい!という衝動に駆られる事柄もなく、平々凡々な毎日を送っておりました。ネットも去年に比べると全然チェックすることがなくなり、もっぱら本の虫として生息しておりました。

しかしね、小沢健二ですよ。
私の中で最も岡村靖幸対極に位置する男。私のなかで名盤と言えば「家庭教師」か「LIFE」と相場は決まっております、ずーっと昔からね。

LIFE

LIFE

 

 

家庭教師

家庭教師

 

 

勝手に昔はライバル視までしておりました、これほど、赤と白ほど違うのにね。本人達にしてみればいい迷惑ですよね(笑)私も若かった!
そんな私も大人になりまして、最近は小沢健二の過去のアルバムなどをしみじみと眩しい気持ちで聴いていた矢先、突如としてシングル発売の発表。そして本日、どーんと朝日新聞全面広告。

f:id:sakurakanade:20170221205540j:image

えぇ、買いました。わざわざ朝日新聞を買ったのは岡村ちゃんのアルバム広告、昨年末のSMAPファンのみなさんの出した広告、そして今回。
面白かったんです、小沢健二の文章が。平易な言葉を使い、日常的な内容を導入としながら、最終的にきっちりと自分の伝えたいことを書く。全面広告いっぱいに彼の言葉と新譜の歌詞が書かれていました。
小沢健二は言葉の人です。
岡村靖幸も言葉の人です。
前者には言葉に空間、そして余韻が、後者には言葉の刺激的な密着性が。
それぞれが面白いなぁと、この2017年になってやっと私は思っているのです。楽しめるようになったなぁ、と。

去年の私はいろいろと楽しめない状態でした。サメが泳ぎをとめると死んでしまうような感覚で私は必死にブログを更新していました。書くたびにアクセス数が気になり、もっとアクセス数を増やさなければ、という強迫観念までありました。お恥ずかしい話ですが、そんな自分がパンクしたんですよね。パンクして白紙に戻りました(笑)

そのおかげで岡村ちゃんに関しては、私の中で格が上がった気がします。もう存在するだけで満足な存在という感じかな。これからは余裕を持って楽しめそうな気がしています。必死に追いかけるのではなく、提示されたものを観て、聴いて、楽しむ。そう、高校時代に戻ったかのごとく。

だからブログもきっと物足りない文章になるかもしれません。あしからず(笑)

 

明日には小沢健二の新譜が私の元にも届きます。19年ぶりの新曲ですって。なんだかおめでたいですよね!やっぱり自分の青春のBGMを歌ってくれていた人が、この年齢になって、過去の感性を維持しながらも人間として成長してまた新たなる歌を紡ぎ出してきてくれる。それを自分はリアルタイムで聴くことができる。幸福であり、ラッキーでもある。

まあ、岡村ちゃんオザケンも、あの頃はフリルを着ていたわけで、いやー、時代よねー、とニマニマした感覚も忘れずに、新譜を聴くのを楽しみにしたいと思います。あとMステね!

あ、格が上がったからと言って、ロメンスツアーまでに新曲が出なくてもいい、なんて思っていませんので、こちらもあしからず(笑)

 

今週末には村上春樹祭りも控えております。彼の長編は全て読んできたものとして、ありがたく上下巻予約させていただきました。オザケン祭りに春樹祭り。同じ阿呆なら踊らにゃ損損!

 

#岡村ちゃん30周年おめでとう 「岡村ちゃんなら、これちょっと聴いてみて!」岡村ちゃん10選はこれだ!

岡村靖幸 祝・岡村ちゃんデビュー30周年企画

f:id:sakurakanade:20161128213020j:image

今年の6月に始まりましたこの企画、ついに結果発表の時がきました。
岡村ちゃんなら、これちょっと聴いてみて!」岡村ファン(いわゆるベイベ)が選んだ岡村ちゃん10選!
最近ファンになったあなた、これからファンになるであろうあなたに捧げる企画でございます。
と同時に、昔好きだったけれどしばらく聴いていなくて、今からDATEに行くのはちょっと気がひける…、というおそらく私と同年代のあなた!以下の結果を見て頂ければ、きっと安心して参戦できると思います。
そしてまた、すでに沼にズブズブとはまり込んだ自分自身の、岡村曲って素晴らしい!と勝手に再確認する場でもございました。

半年間温めた卵ですから、ここで巣立たせるのは嬉しいような、寂しいような…。
しかし、今日こそが岡村ちゃんのデビュー30周年記念のまさにその日です。
どどどーーーーーんと発表いたします!

(上位10曲は、収録されているアルバムをオリジナル、別バージョンともに記載しております。聴き比べもまた楽しいかと。)

得票総数、なんと3,052票。
310人の岡村ファンが選んだ、ご新規ファンにすすめたい岡村曲はこれだ!

1位 あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう 186票
1990/10/10 発売 EPIC / SONY RECORDS
作詞 : 岡村靖幸 / 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸
オリジナルVer
収録作品 : Single / 家庭教師 / OH!ベスト / 岡村ちゃん大百科
ホームシックVersion
収録作品 : Single / 岡村ちゃん大百科
エチケット・パープルVer
収録作品 : エチケット(パープル)


2位 だいすき  162票
1988/11/02 発売 EPIC / SONY RECORDS
作詞 : 岡村靖幸 / 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸
オリジナルVer
収録作品 : Single / 靖幸 / 早熟 / OH!ベスト / 岡村ちゃん大百科
エチケット・ピンクVer
収録作品 : エチケット(ピンクジャケット)
エチケット・パープルVer
収録作品 : エチケット(パープルジャケット)


3位 愛はおしゃれじゃない  135票
2014/04/02 発売 V4 Record
作詞 : 小出祐介Base Ball Bear)/ 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸
Vocal : 岡村靖幸小出祐介
収録作品 :幸福


4位 イケナイコトカイ  123票
1988/02/01 発売 EPIC / SONY RECORDS
作詞 : 岡村靖幸 / 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸・西平 彰
オリジナルVer
収録作品 : Single / DATE / 早熟 / OH!ベスト / 岡村ちゃん大百科
Live Version
映像作品 「LIVE 家庭教師 '91」 と同一。
収録作品 : Single(ターザンボーイ)/ 岡村ちゃん大百科


5位 ビバナミダ  121票
2013/10/02 発売 V4 Record
作詞 : 岡村靖幸西寺郷太NONA REEVES)/ 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸
テレビアニメ 「スペース☆ダンディ」 主題歌(2014年1月 放送開始)
スペース☆ダンディ盤」2014/01/29 発売 V4 Record
収録作品:幸福


6位 Out of Blue  111票
1986/12/01 発売 EPIC / SONY RECORDS(まさに30年前の今日発売されたデビュー曲!)
作詞 : 岡村靖幸 / 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸・西平 彰
オリジナルVer
収録作品 : Single / yellow / 岡村ちゃん大百科
ベストアルバムVer
オリジナルVerのボーカルパートのみを録り直したもの。
収録作品 : 早熟 / OH!ベスト
Live Version
映像作品 「LoveφSex' 88 DATE」 収録のライブ音源と同一。
収録作品 : Single(ラブ タンバリン)/ 岡村ちゃん大百科


6位 カルアミルク     111票
1990/12/01 発売 EPIC / SONY RECORDS
作詞 : 岡村靖幸 / 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸
オリジナルVer
収録作品 : Single / 家庭教師 / OH!ベスト / 岡村ちゃん大百科
Live Version
収録作品 : Single(パラシュート★ガール)/ 岡村ちゃん大百科
エチケット・ピンクVer
収録作品 : エチケット(ピンクジャケット)


7位 ステップ UP↑    97票
1990/11/16 発売 EPIC / SONY RECORDS アルバム「家庭教師」収録
作詞 : 岡村靖幸 / 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸


8位 どぉなっちゃってんだよ   91票
1990/07/21 発売 EPIC / SONY RECORDS
作詞 : 岡村靖幸 / 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸
オリジナルVer
収録作品 : Single / 家庭教師 / OH!ベスト / 岡村ちゃん大百科
Adult Only Mix
収録作品 : Single / 岡村ちゃん大百科
エチケット・パープルVer
収録作品 : エチケット(パープルジャケット)

9位 いじわる     84票
1988/03/21 発売 EPIC / SONY RECORDS アルバム「DATE」収録
作詞 : 岡村靖幸 / 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸・西平 彰
エチケット・ピンクVer
収録作品 : エチケット(ピンクジャケット)


10位 彼氏になって優しくなって   82票
2014/11/12 発売 V4 Record
作詞 : 岡村靖幸 / 作曲 : 岡村靖幸 / 編曲 : 岡村靖幸
アルバム「幸福」デラックスエディション、ボーナス映像としてMV収録
収録作品:幸福


10位以下はこのようになっております。

11 青年14歳 80票
12 できるだけ純情でいたい 75票
13 真夜中のサイクリング 74票
14 ラブメッセージ  71票
15 聖書(バイブル) 69票
16 ヘアー 54票
17 Lion Heart 49票
18 19 (nineteen) 48票
19 友人のふり 45票
20 家庭教師 43票

21 新時代思想 42票
22 Super Girl 40票
22 (E)na 40票
23 ペンション 39票
23 モン-シロ 39票
24 パラシュート★ガール 30票
24 だいすき(パープル) 30票
25 はっきりもっと勇敢になって 29票
26 ミラクルジャンプ 28票
27 ラブ タンバリン 26票
27 ぶーしゃかLOOP 26票
28 Vegetable 25票
28 チャーム ポイント 25票
28 Dog Days 25票
29 Young oh! oh! 23票
29 ハレンチ 23票
30 どぉなっちゃってんだよ(パープル) 22票

※今回、バージョン違いで書いてきていただいたものは、きっちりと分けました。しかし念のため、バージョン違いの同一楽曲の得票数も計算いたしましたところ上位10位に変動はありませんでしたので、敢えてバージョン違いでの得票数を採用させていただきましたこと、ご了承ください。