アイツと、読書と、音楽と

岡村ちゃんに長患い

岡村ちゃん、ミュージックステーションのステージに立つ(本編)

f:id:sakurakanade:20171118132734j:image

さて、ミュージックステーション本編について語ろうじゃないか。

あのテーマソングが流れ、ついに我らのスーパースターが登場だ。

f:id:sakurakanade:20171118122547j:image

階段の上に立つDAOKO×岡村靖幸。見てこの岡村ちゃんのちょこりん具合。

f:id:sakurakanade:20171118122732j:image

あれほどファンが心配していた階段を、岡村は一歩一歩丁寧に降りてきた。思い入れが強すぎる感想で申し訳ないが、私にはこの踏みしめている一歩一歩の歩みに勝手に岡村靖幸本人の歩みを重ね合わせてしまった。あぁ、ついにこの場に立つことになったんだな、と。

 

本日の2曲目として紹介された時、タモリさんがなんと、Mステでは初登場だけれども、いいともでは、ということを岡村に言ってくれた。それに対して岡村は、はい2度ほど、と答えていた。

f:id:sakurakanade:20171118124243j:image

まあ、泣くよね。いったいタモリさんが岡村にどう接してくるのかも非常に興味のあった部分だけれども、ちゃんとそこから言ってくれたんだ、と思った。嬉しかった。

この後のDAOKO嬢の受け応えが非常に良かった!きっとあそこの部分を観ていた岡村ファンはDAOKO嬢のことがもっと好きになったに違いない。

そして感動したのが、岡村を紹介するVTR。

f:id:sakurakanade:20171118123859j:image

f:id:sakurakanade:20171118123930j:image

f:id:sakurakanade:20171118124000j:image

f:id:sakurakanade:20171118124021j:image

短時間でありながら、過不足ないさじ加減のVTR。リスペクトしてくれているミュージシャンの名前まで。ありがたい。

 f:id:sakurakanade:20171118124200j:image

この緊張感のある笑顔、これだよこれ!と思いました。いい顔してるぜ!とね。

さあ、では歌っていただきましょう、とステージに促された時に錦戸くんがいち早く拍手してくれたことを私は決して忘れまい。

f:id:sakurakanade:20171118130640j:image

ステージセットも、まさにMVのイメージどおり。

心配していた歌詞もバッチリだった。

f:id:sakurakanade:20171118130909j:image

驚くべきことに、このあたりで俺たちの元久に気づく。大丈夫か、自分。

そして期待に胸を膨らませたこのシーン。

f:id:sakurakanade:20171118131105j:image

f:id:sakurakanade:20171118131126j:image

f:id:sakurakanade:20171118131143j:image

完璧です。100点満点!

 

ラストのマイクを置いた時からの岡村ちゃんのフリースタイルデンス、ごらんいただけただろうか?

癖が強い!気持ち悪い!→かっこいい!

この正しい順番でこの感覚を感じさせてくれるデンスだった。このシーンを作ってくれた全てのものに感謝したい、そういう場面だった。

 

緊張しました、と言っていた。

そう。あの緊張したことがないとよく口にする岡村靖幸が、素直に緊張しましたと言った、そのことに私は拍手をおくりたい。そういう岡村ちゃんで、もう良いんだと思う。それでももう、ちゃんとかっこいいんだよ、岡村靖幸はさ!

 

緊張したのはこっちの方だぜ、岡村!と憎まれ口の一つも叩きたいが、とにかく今日は岡村靖幸の全てを祝福したい。生の歌番組、全然イケるよ、岡村ちゃん

 

今日のお昼の段階でのステップアップLOVEの再生回数を最後にあげておく。

岡村靖幸に気づいた人が確実にいるということだ。素敵じゃないか!

f:id:sakurakanade:20171118132543j:image

 

 

 

 

 

 

岡村靖幸、遂にMステのステージに立つ(ミニステ編)

f:id:sakurakanade:20171118083156j:image

さて何から書こうか。

先日の予告どおり、家族でミュージックステーションを観た。普段こんな時刻には到底帰ってこれない夫も帰ってきた。それはそうだ。「真・禁じられた生きがい」ツアーも「告白」ツアーも一緒に行った男だ。一番ある意味観るべき時を一緒に観た人だ。

そして定期テストの最終日のため、塾が休みであった息子も家にいた。息子が小学生の時に欠かさず観ていたドラえもんクレヨンしんちゃんを数年ぶりに観て、のび太もしんちゃんも変わってないねぇと笑っていた。まさに私の心ここにあらず。

そんな中始まった我が家のMステ観覧だ。

 

Mステの前にミニステという、今日のゲストを軽く紹介するコーナーがある。そこにはまず三浦大知とMIYAVIが立っていた。「もうここから録画しなきゃいけないんじゃない?」「ちゃんとしてるって!」と前のめりの夫婦の会話が我が家でなされたその瞬間、そこに岡村は立っていた。DAOKO嬢とともに。

ミニステ、正直どうかなぁ、と思っていただけに、出た!ほんとに出た!と慌てる。

緊張感のある、いい顔だと思った。

見てこれ、おじゃましまーす!って顔してるから。

f:id:sakurakanade:20171118092402j:image

そして懸念していたお衣装、一番似合うぞ、スーツ幸。ジャストフィットなんだから(by 井上陽水)

f:id:sakurakanade:20171118092603j:image

この時点で私少し泣いている。

早い。しかし家族は動揺せず。わかっていたんだろう、こうなることを。

f:id:sakurakanade:20171118092827j:image

本日のゲスト紹介の際はワイプに靖幸はおさまっていた。私はワイプばかり観ていた。だから、今日のゲストが誰かが全く頭に入ってこなかった。それでいいと思った。靖幸だけ観ればいいんだ、いつものように、と。

 最後に「MIYAVIさんと岡村靖幸さん、初登場です!この後すぐ!」のアナウンサーのお声のあとがこれ。

あぁ、MIYAVIかっこいいなぁ、と今気づいた。私は「調子に乗った幸だ!緊張しながらも調子に乗った幸出た!」と泣いていたから全くMIYAVIの美しさも入ってきていなかった。

f:id:sakurakanade:20171118093408j:image

f:id:sakurakanade:20171118093446j:image

f:id:sakurakanade:20171118093505j:image

 ここまで書いて、なんの記録すか、これ?になってる。自分が何度泣いたか記録する日記か?

堪忍やで。

待っていたから、私、31年近く岡村がこの番組に出ることを。1986年にMステが始まり、同じく1986年に岡村がデビューしてから。

 

さて、この日、Mステ前にステップアップLOVEの再生回数を写しておいたのがこちら。次回、最新時点の回数も貼ります。

f:id:sakurakanade:20171118094307j:image 

 

 

ステップアップLOVE (通常盤B)

ステップアップLOVE (通常盤B)

 

 

 

 

岡村ちゃん、いよいよ明日Mステに登場!

さて、岡村だ。
本日は昨日も申し上げたとおり、紅白歌合戦の出場歌手発表日であった。
詳細はもう片方のブログに書いたので省くが、エレファントカシマシが初出場を決めたことで、おかげさまでこれで落ち着いて明日の岡村を見届けられる。
一言だけ語らせていただけると、長いこと真剣に音楽と向き合ってきた人たちが報われたり評価されたりする姿は実に美しい、そう思える日であった。

ある意味、岡村ちゃんも明日報われる時を迎えるわけだ。
岡村靖幸はアウェイで力を発揮する人だ。
それだけ自分の持っているものが揺るがない。むしろその他人との違いが面白いほど表面化するのがアウェイの舞台だ。
私はテレビというのはアウェイだと思っている。
特にこれほどネットのおかげで総評論家時代になっている今(ブログをやっている私が言うな、っていう話もあるがな)良い事だけを書いてくれる人など少ないだろう。
でも、私は岡村靖幸というミュージシャンを信用している。音楽の面においてずっと信頼し続けている。
岡村から生み出される音楽が必ず素晴らしいということを「知っている」。

うっかり今日このブログを読んでくれた、岡村とは関係のない人生を歩んできたあなた。
そういうあなたにこそ届け!と思っている。
岡村ちゃんの作りだした音楽、踏むステップ、独特の歌い回し。

苦しんでるきみはきれい
頑張ってる姿同様
どん底であればキラリラ
絶好調なんだもん

「ステップアップLOVE」の中で私が好きな歌詞だ。
いろいろとあーだこーだ言ってきたが、この数年間岡村靖幸の頑張っている姿をちょっとはみてきたつもりでいる。
その姿は観ていてかっこいいなと思っていた。
ほんとにこのところ、普段悔しいから言わない発言を連発しているが(笑)今までみせてこなかった、語ってこなかったことをインタビュアーの仕事が増えることで必然的に質問の形式を取りながら、みずからのことを少しずつ語らずにはいられない機会が格段に増えてきた。
今まで硬く囲ってきた外側の殻がだんだんと柔らかくなってきている気がする。
歳を重ねるごとに、ますます岡村の世界観は優しく純粋になってきた。そう、まるで15の子くらいの大切な心のように。

どんなパフォーマンスを魅せてくれるのかが楽しみでもあり、こういう今現在のベストな状態の岡村が多くの人の目に触れることに震えるほどの歓びを感じている。

昨日の岡村より、今日の岡村が素晴らしく
今日の岡村より、明日の岡村が素晴らしいのに決まっている
ずっとずっと私はそう思っている。

明日は岡村ちゃんが楽しめればそれが一番いいと思う。
三浦大知に負けないぞ!的な部分をみせてくれたら、なお良し!
心に住んでる修学旅行が育つとは、今日みたいな日のことを言うのかもしれないな。
さて、明日は半休を取った(笑)
何をするでもない。夕飯を早めに作って、その時を待つとしよう。
テレビを観ていた老若男女それぞれが「妊娠した!」と叫ぶことを祈りつつ。

 

ステップアップLOVE (通常盤B)

ステップアップLOVE (通常盤B)

 

 

 

岡村ちゃん、Mステ登場まであと2日!

落ち着かない。
非常に落ち着かない日々を過ごしておる。

岡村ちゃんMステ登場まで、あと2日。
軽めのカウントダウンはもう始まっている。

なぜ落ち着かないのか。
歌手歴もうすぐ31年ぞ。歌い始めた時におぎゃーと産まれた赤子はもう会社では立派な中堅どころぞ。

具体的に何が心配なのかを書いてみる。
①ちゃんと階段を降りられるか心配
52歳ぞ。これまでの人生どんだけ階段を降りてきたと思っておるのだ、自分。
ダンサーぞ。足腰は自分よりよっぽど丈夫だ、わからんか。

②ちゃんとDAOKO嬢をエスコートできるか心配
蒼井優とも何度か飲んだことがある、成海璃子ちゃんとも写真を撮られたことがある。
女優との付き合いがある男ぞ。そんじょそこいらの52歳と一緒にするな、自分。

タモリさんとの会話が心配
インタビュアーぞ。ラジオのレギュラーも持っておる。
雑誌でもう何人にインタビューした?あの「笑っていいとも」の、イギリスで買ったお気に入りの革ジャンを着て、生意気盛り満載だったあの子からいくつ歳を重ねたよ。

④お衣装がどんな感じか心配
希望を言えばスマスマの時のようなスーツだが、あれだね、この曲に関しては赤と青でお出になりそうですな。
サイズ感とか合ってますように。

⑤歌詞を憶えているか心配
これだ。一番心配なのはこれだ。
Mステは歌詞字幕が出ちゃうんでしたっけ?
ちなみにMステ 歌詞 で検索したら『Dirty work』と岡崎体育がヒットしまくりで笑った。
とりあえず、ここをクリアすれば勝ったも同然。

ダンスSP、いやデンスSPに関しては何の心配もない。
MIKIKO先生の振り付け」と予告にすでに出ちゃっているけれども、岡村の場合フリースタイル枠だから、もしもの時も大丈夫。(なんだ、もしもって)
あー、DAOKO嬢との密着シーンに関しては、何度も言うようだが、中途半端だと観ていて恥ずかしいから、ドーンとやってくれ。
三浦大知が「おぅ!」と言うほどに。←言わんか?

当日の出演者を見るに、タモリさんを抜かすと我らがスーパースターがおそらく最年長。その次が荻野目ちゃんか。
いわゆる「ベテラン」と言われる年齢だ。
ベテランに対して、上記に挙げた心配をしまくる自分は失礼極まりないが、そのくらいの心配をさせろ。もっと言うなら風邪ひいてないか、お腹壊してないか、ちゃんと睡眠時間はとれているか、緊張してないか?息子か、孫か、レベルで心配しておる。悔しいから普段言わないだけだ。
この落ち着かない日々を楽しませてくれ。

三浦大知くんのアカウントは元からフォローしておる。そして念には念を入れてMIYAVIのアカウントもフォローさせていただいた。
2ショットもしくは3ショットでもいただければこれ幸い。
そしてタモリさんとの記念撮影も当然期待する。
私があと準備できることは何か。今夜ゆっくり考えることにしよう。

明日は紅白出場歌手発表日だそうな。

とりあえずエレカシ出場が決まり、宮本先生の大いなる喜びの声を聞いたら、そこから即Mステモードに入ろうと思う。

 

ステップアップLOVE (通常盤B)

ステップアップLOVE (通常盤B)

 

 

 

ミュージックステーション観覧募集って素敵じゃん!

緊急募集「ミュージックステーション」スタジオ観覧!11/15応募〆切

岡村靖幸メールマガジンから、お昼にこのようなメールがきた。
【ご応募資格】
・高校生以上~30代の女性の方
・ご応募時点で「岡村靖幸DATE」有料会員の方、またはその同行者
・必ず当日ご参加いただける方
当然モバイルFC「DATE」会員の方に資格がある。
そして、驚くべきことに30代の女性の方まで資格があるそうな。
(モバイル会員にのみ来たメールだが、ツイッターにて、公式もお知らせをしていたので載せました。ご了承ください)

恥を忍んで申し上げるが、私は岡村不在の頃、その大きな穴を埋めんがために、あの福山雅治のFCに入っていた時期があった。岡村の穴を福山で埋めるとは、我ながら突拍子もないが、そのくらいあの頃の私は何か確実なものにすがりたかった。福山には大変感謝している。
その際のMステの観覧応募資格は「25歳以下の女性」であった。
もちろん、20代など遠い昔のお話となっていた私は、ただただそのFCからの通知を呆然と眺めていたものだった。
後日、冷静にMステを見てみると、そりゃたしかにあのひな壇の脇に座る女の子たちは、誰が出てきても何がおきてもキャーキャーしてくれているよな、と。おばちゃん、黄色い声など1990年代に置いてきたわ(遠い目

ということで、今回のDATE枠、破格の年齢設定となっている。
ありがたいじゃないか。
30代からも外れている私だが、この設定は本当に珍しいと思っている。
というか、DATE枠を設けていただいたことが喜ばしい。
ステップアップLOVE」はまず、DAOKO嬢がトイズファクトリーから出した曲だということを忘れてはならない。
我らがスーパースターはゲストだ。そのゲストのFCにまでお声掛けいただくことのありがたさが身に染みてくる。
DAOKO嬢側だけでなく、DATE側からも観覧できる子がいるなんてありがたいじゃないか!
その子たちが、きっとちゃんと黄色い声で盛り上げてくれるはず。心から健闘を祈ろう!

え?それでも観覧に行きたいですって?
いやいや、テレビの前で観ている私たちにもやれることはあるはずだ。
昔岡村を聴いていた友にLINEの一つも入れておこう。
そして当日のスーパースターの素晴らしかったところをじゃんじゃんSNSに流せばいいじゃないか。
こういう時のために「#yasuyukilove」のハッシュタグはあるんだと思うよ。うんうん。
わかりやすく「#岡村ちゃん」もつけようか。うんうん。
大丈夫、生の岡村も素敵だけど、テレビの画面で観る岡村は、きっといい男で映る予定。あくまでも予定は未定。
頑張れ、岡村。

各々某所で集まりつつご覧になる方もいると聞く。
残念ながら私は参加できないが(いや参加しても、おそらく取り乱すであろうから、人前でなど観れやしない(笑))私と同じくらい、ファンの通称がベイベなんて言葉がなかった時代からの岡村ファンの旦那と粛々と観ることにする。
お互い口に出しては言わないが、岡村の山あり谷ありを見て受け止めてきた同志として、今回のMステを静かに観ようと思っている。

とりあえず、TLでいろいろなご意見を拝見したので、老婆心ながら書いてみた。
あーぁ、まだ火曜日かよ!

 

ステップアップLOVE (通常盤B)

ステップアップLOVE (通常盤B)

 

 



 

一夜明けてMステに出る岡村ちゃんのこと、まだ考えている

朝起きてまず、昨日のことは夢ではなかったのだろうかと思った。
ツイッターを見て、自分のブログを読んで、あぁほんとなんだな、と思った。

それにしても昨日の私のブログの文章、へたくそか!(笑)
代官山で僕と握手以下の度を越した下手っぷり。
もんのすごい数の人にお読みいただいたようで、嬉し恥ずかし。
また精進しますんで。

岡村靖幸コンサートツアー「レッド」に昨日ゲスト出演してくれたDAOKO嬢が
アップしてくれたお写真がこちら。

f:id:sakurakanade:20171109075544j:image
赤い。
赤いな、靖幸。
こうして見ると、割と普通のおじさんだというのに、何なのかしら、この人は。ここまで私を泣かすとは、としみじみと眺めてしまった、朝っぱらから。

私は30年前にファンになった時から、ずっとこう思っていた。
「時代がなかなか岡村に追いついてこない」と。
ファンなら誰しも思うのかな。でも岡村に関しては、こと顕著にこの感情が強かった。
私の中で光明が差した時がある。
椎名林檎嬢がナースの格好をして、世間様に受け入れられたあの時だ。
「これがイケるのなら、もうイケるはず!」
私の読みが外れたのか、まあモロモロモロモロあったからなのか、幸運の歌の女神はなかなか岡村の目の前には降りてこなかった。いや、違うな、女神は確かに何度も降りてきてくれている。だから、こうして今がある。
私は悔しいからずっと、「時代、おせーよ」と思っていた。性懲りもなく。

長かったと思う。
スマスマに出た時は驚天動地だったし、久保みねヒャダに出た時も、あぁ、地上波に出れるんだな、と思った。
しかし、やっぱり歌番組に出て欲しかった、心の底から。
だって、シンガーソングライターなんですもの。そしてダンサーでもあるんですもの。
ミュージックステーションという番組は、やはり今現在「売れている最中」もしくは話題の歌手が出る番組。出て欲しかった。
タモリ倶楽部空耳アワードやThe Coversも私は熱望している。
しかしそれは後でよい。

報われた感が強いな。
やっと、ほんとにやっと報われたんだと思う、ファンも岡村ちゃんも。
ここからはもう岡村ちゃんが持っているその音楽的才能が自分で自分を助けてくれることになるだろう。
今まで、なんだろう、ちょっとしたことの数々、安齋肇さんが空耳でよく岡村Tシャツを着てくれるとか、そういうちょっとしたことの数々の先にあったものなんだと思う。
岡村靖幸を評価してくれたという大げさなものではなく、岡村靖幸の存在をきちんと静かに見守り続けてきてくれた、そういう一人一人の柔らかな感情がやっぱり今回のこの「ステップアップLOVE」そして「忘らんないよ」というタイアップ作品の完成に繋がり、Mステへの出演となったのだと思う。
私に光明を差してくれた椎名林檎嬢に絡んだ方々がステップアップLOVEに絡んでいるという、この生きていると面白いことあるなー、人生。

 

あ、面白いと言えば、スマスマに出た3年前と同じ日にMステに出ます。11月17日は桃の特異日として、休日認定出しますので、各自勝手に休んで下さい。

楽しみだね。
どんなに緊張しようと、カミカミになろうと、歌詞を間違えようと、私はテレビの前で大きな拍手をすると思う。
歌え!
踊れ!
そして恐る恐る遠慮がちにではなく、DAOKO嬢を抱きしめてみろ!
そしたらきっと、いい塩梅の勢いで突き倒しにきてくれるだろうから。

まずは来週の金曜日、万全の体制で岡村を待つことにしよう。
全てはそこからだ。

 

ステップアップLOVE (通常盤B)

ステップアップLOVE (通常盤B)

 

 

 

岡村ちゃん、Mステ出演決定!

盆と正月が一度に来るとは、こういう時に使う言葉だと思う。

f:id:sakurakanade:20171108210730p:image

 ついにこの日が来たかよ、おい!

泣いてもいいですか?あーーー、マジで泣くわ。号泣だよ、私、今。涙でスマホが見えなくて困るくらいにね。

我らの大事なスーパースター。嬉しい。ほんとに嬉しい。何を大げさなと笑わば笑え。スマスマに出た時も嬉しかったけど、歌番組に出るってさ、しかもMステなんて、あぁ、ほんとにもう…。

良かった。良かったよ、岡村ちゃん。待ってた。こういう日をずっとずっとずっと待ってた!

一人でも多くの人が観てくれることを心から祈るよ。

 

いくらでもDAOKO嬢と密着するがよい!ハグするがよい!テレビの前でキャーキャー言われるがよろしい!

もうこれはご褒美だ。ずっとこういう日を待っていたファンと、こういう日を迎えることが出来るまで頑張ってきた靖幸へのご褒美だ。

ほんとにもう、全然言葉が見つからない。

兎にも角にも、岡村ちゃん、おめでとう!岡村靖幸を世に見せつけてちょうだい!最高画質で録画予約して待つよ!

 

ステップアップLOVE (通常盤B)

ステップアップLOVE (通常盤B)